ハロウィン

本日の通勤列車にガチャピンが乗車していた。詳細はガチャピンの着ぐるみを身につけた若い女性が座席に腰掛け恥ずかしそうにしていた。

本日、10月31日はハロウィンである。

西洋文化が日本の社会に影響し根付く事があるが「お化けの装いの仮装」を日常生活のなかに見掛けると違和感をおぼえる。私自身が年齢的に抵抗を感じてしまうのか感覚がずれてしまっているのか少々不安になる。

話は前後するが今週の日曜日に六本木を訪れ「着ぐるみ・お化けメイク」の幼い子供や若い女性が多く見掛けられた。

秋のお祭りとして根付いてきているが率直な感想である。

街中の生活雑貨店などはハロウィンに便乗した商品を多数見ることができる。私が幼少期は貧しい家庭にクリスマスケーキなど無く西洋文化が日本に定着し始めた世代である。時代は変化し新たな習慣や文化と融合している。

外資系企業が多く国内に存在し新たな文化が定着するスピードが加速しているのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)