トラブル解消のための探偵選び

探偵や興信所の業務はトラブル解消やトラブル回避を念頭に実施される傾向が強いと言える。多くの御依頼者様は「安心して日常生活を送る」ため必要な調査を依頼し事前情報や問題解消に役立てる。

探偵や興信所の経験値が高く「過去に多くの案件に着手、実績がある」ならば「依頼を任せる相手」として合格であり、納得して調査費用を費やす事も出来ることだろう。

しかし、現代多くの探偵や興信所は自らの調査力を保持していない業者が多く存在している。簡単にご説明すると「情報収集のための下請け業者」を利用し「尾行・素行・浮気調査」を外注するのである。

宣伝広告により多くの依頼を獲得し「営利意識の強い探偵や興信所」が上記のような「2次業者を利用」する傾向がある。自ずと若く経験値の低い下請け業者により調査が実施される傾向が強くなり「調査報告も御依頼者がのぞむクォリティーには遠く及ばない」内容になりがちになる。

経験豊富な探偵や興信所の調査員による「プロの仕事」とは遠く及ばない調査が実施され「基本的なミス」も多く見受けられる内容も否定できない。

現在の探偵・興信業界の現実がこのような状況である。

少数精鋭で独自に調査力を持ち「御依頼者が納得」出来る調査報告になる働きができる探偵や興信所はほんの僅かと断言できるだろう。業界内のお話しになるが近年何処の探偵事務所や興信所でも「常駐する調査員を雇う程の依頼を獲得できない」が本音なのである。

このような現状をご理解いただければ「依頼するに値する探偵や興信所」は業歴が長く大規模な大手探偵や興信所のように2次業者を利用しない「「独自の調査力」を持ち、専属の常駐調査員が常に待機し「優良な調査」を実施できる可能性が高く「緊急なご要望にも対応」ができることが「探偵や興信所選びの最低条件」といえるだろう。

どんなに低料金で調査期間を長く実施できる探偵に調査を依頼しても「調査力が低く経験不足」であるならば得られる調査報告は「安い料金なりの調査結果」となり、トラブルや問題解消に役立つほどの内容やクォリティーでなければ根本的に「低料金な調査を実施する探偵」に依頼する意味は無いと考える。満足行かない調査にかける費用ほど無駄なものはないと断言できる。

否定的な話で申し訳ないのだが「探偵業界の現実」は優良な探偵がごく僅かであり、営利目的の探偵業者がその殆どといっても過言ではないのである。このお話しの本題である本当に有意義な調査を実施できる「探偵や興信所選び」は厳選し注意して行うべきであると進言したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)