調査人であるために

今日も遠方に調査で足をのばした。

首都高速を利用し関東近県の目的地まで所要時間約2時間である。途中トイレ休憩でサービスエリアに立ち寄った以外はノンストップ走行で目的地に直行した。

自然豊な田園風景に癒されつつ情報収集する。

調査に要した時間は約1時間半で目的を終了し帰路につく。

午後3時過ぎに首都高から一般道へ入り事務所に到着し調査情報や画像をまとめパソコンに向かっている。

極めて初歩的な聞き込みによる情報収集で「内偵の基礎」ともいえる調査だった。対象者には全く悟られることなく「家族構成・生い立ち・電話番号・該当住所・・・・」をなどの簡単な調査結果を報告しほっと一息の時間。

内偵による調査は探偵にとって初歩。かといって全ての案件がスムーズに結果を得られるわけではない。どこに行っても情報を得られる「聞き込みのテクニック」がなければ「簡単な案件」ですら怪しくなってしまう。

探偵は「経験と忍耐」の職業と改めて思う秋の夕暮れ。