成功報酬の罠

 探偵や興信所の行う業務契約に調査終了後に成功報酬の料金形態が存在する。

行方不明者の所在が判明した場合に●●万円などが理解しやすい例かと思う。

理解しやすい「成功報酬」の他に理解に苦しむ「成功報酬」も存在する。素行調査や浮気調査を実施し「浮気の証拠」を撮影して報酬を得る形か?と勘違いしがちなケースが最も多いと思う。

実際には「調査日程全般の料金」が発生しており、「調査の失敗」が出た時間だけ請求金額が発生しない形の「理解に苦しむ成功報酬」が依頼人の勘違いから料金トラブルに発展している。

複雑な料金形態や紛らわしい表記は調査業界のマイナス要素なので自粛して欲しいものだ。