トラブル解消のための探偵選び

探偵や興信所の業務はトラブル解消やトラブル回避を念頭に実施される傾向が強いと言える。多くの御依頼者様は「安心して日常生活を送る」ため必要な調査を依頼し事前情報や問題解消に役立てる。

探偵や興信所の経験値が高く「過去に多くの案件に着手、実績がある」ならば「依頼を任せる相手」として合格であり、納得して調査費用を費やす事も出来ることだろう。

しかし、現代多くの探偵や興信所は自らの調査力を保持していない業者が多く存在している。簡単にご説明すると「情報収集のための下請け業者」を利用し「尾行・素行・浮気調査」を外注するのである。

宣伝広告により多くの依頼を獲得し「営利意識の強い探偵や興信所」が上記のような「2次業者を利用」する傾向がある。自ずと若く経験値の低い下請け業者により調査が実施される傾向が強くなり「調査報告も御依頼者がのぞむクォリティーには遠く及ばない」内容になりがちになる。

経験豊富な探偵や興信所の調査員による「プロの仕事」とは遠く及ばない調査が実施され「基本的なミス」も多く見受けられる内容も否定できない。

現在の探偵・興信業界の現実がこのような状況である。

少数精鋭で独自に調査力を持ち「御依頼者が納得」出来る調査報告になる働きができる探偵や興信所はほんの僅かと断言できるだろう。業界内のお話しになるが近年何処の探偵事務所や興信所でも「常駐する調査員を雇う程の依頼を獲得できない」が本音なのである。

このような現状をご理解いただければ「依頼するに値する探偵や興信所」は業歴が長く大規模な大手探偵や興信所のように2次業者を利用しない「「独自の調査力」を持ち、専属の常駐調査員が常に待機し「優良な調査」を実施できる可能性が高く「緊急なご要望にも対応」ができることが「探偵や興信所選びの最低条件」といえるだろう。

どんなに低料金で調査期間を長く実施できる探偵に調査を依頼しても「調査力が低く経験不足」であるならば得られる調査報告は「安い料金なりの調査結果」となり、トラブルや問題解消に役立つほどの内容やクォリティーでなければ根本的に「低料金な調査を実施する探偵」に依頼する意味は無いと考える。満足行かない調査にかける費用ほど無駄なものはないと断言できる。

否定的な話で申し訳ないのだが「探偵業界の現実」は優良な探偵がごく僅かであり、営利目的の探偵業者がその殆どといっても過言ではないのである。このお話しの本題である本当に有意義な調査を実施できる「探偵や興信所選び」は厳選し注意して行うべきであると進言したい。

将来を考えた調査

社会性を考慮した大人の判断を下す為に情報は必要である。

探偵や興信所を利用する御依頼者様の多くは「将来のビジョンにあった判断」を間違いなく行う事を念頭に「調査を依頼する」のである。

時には「感情に流されて」調査を依頼する方もいらっしゃるが「後に後悔を残す」結果が多いといえる。探偵や興信所の仕事は「低料金で行えない」現実がある。その場の感情で我慢がきかずに調査を実施するには「高額な出費」と思える。

社会性のお話しに戻るが「親戚つきあい」や「身内の将来」を考えて「事前情報を得る」為の調査が増加傾向にある。核家族・少子化が進む現代社会であるがゆえに「より良い人生を身内に送って欲しい」と考える身内が多く存在している事が理解できる。依頼人が祖父母・両親であり「子供の将来」を考えて「間違いない結婚相手を」や「新居購入場所の近隣」を下調べなども一般的になってきている。

以前にはおおよそ考えつかなかった「依頼内容が増加」している。

私が居住する共同住宅周辺もここ数年変化が見られている。築年数が経ったマンションやアパートの多くにアジア系の外国人や南米系の外国人などが多く入居するようになってきている。

就労目的で日本にやって来ている方が多く「裕福な方には見えない」が正直なところである。日本に長く暮らしている私たちと海外で生まれ育った方には「ギャップ」が存在する。平和に慣れた日本人と治安の良くない外国では「意識」が異なるのである。特に「善し悪しの判断が曖昧」な感じが日常生活の中でちらほら見てとれる。

もし、あなたが地方を出て関東圏に新居を持とうとお考えならば「必要な下調べ」が多く存在することにお気づきになるだろう。

スムーズな調査

 問題なく御依頼者がのぞむ調査結果が得られる案件には共通した要点が存在している。要点とは探偵との打ち合わせ時に「的確な情報」を提供できているか?である。

探偵が御依頼者の情報に沿った調査を実施した場合は「有効な情報」の量で考えられる調査手段が異なり調査に要する時間や費用に大幅な差が生じる。勿論、調査時間や期間が短く調査費用も安く調査報告もスムーズに行われる意。全ての案件が該当するとは言えないが多くの場合「上記のメリット」が期待できるため御依頼者がスムーズな調査を希望されるならば「事前情報の量」と「情報の正確さ」が調査報告に大きく影響する事は憶えておいていただきたい。

近年は個人情報保護の観点から「情報を得る」行為が困難になったと言える。プロの探偵と言えどもこのハードルは確実にスムーズな調査の妨げになる。一般の方が個人情報を入手する方法は法的手段にのっとり時間を掛けて「情報開示」の是非を待つ方法のみと思われる。抱えている問題やトラブルにタイミングが存在したならば「間に合わない」手法でしか情報は得られない世の中なのである。

無駄な調査

 悪質な探偵業者は「無駄な調査」を提案し実施する。

依頼者の立場など考えずに「営利目的」以外のなにものでもない。相談や打ち合わせの段階で「悪質な探偵」を見極める事が出来れば「暴利を貪られない」で済む訳である。そこで、悪質な営業や相談員の特徴を紹介したい。

まず、相談の段階で「調査について細かに話を聞かない」相談員や営業は悪質である。依頼に結果で応えたいならば「細かな情報」が必要になるため相談者の資料や話は極めて重要になるからである。依頼者の心情を理解していない怠慢な態度といえる。

次に調査方針や調査方法・調査費用の概算などの「各種説明をしない」相談員や営業は悪質であり「探偵業法」にも抵触している。根本的な問題だが実際にこのような相談員と対峙した場合は要注意である。依頼してしまうと後々必ずといっていいほど「トラブルに発展」する。依頼先としては問題外である。

最後に必ず心していただきい条件は「考え方」が常識的ではない相談員や営業は危険である。探偵業を勘違いしている「探偵」がまだまだ実在している。映画やドラマを意識した「服装」などで営業行為を行う探偵は「普段から派手」な行為を行っており「地味な実際の探偵活動」とはほど遠い存在であり、一目で探偵と理解出来る服装で現場の調査等は「現実の調査現場」ではあり得ない。

以上の要素が垣間見ることが出来る「相談員や調査員」は危険な依頼先と判断できる。

 

 

興信所は敷居の高いところではありません

興信所や探偵事務所と聞くと映画やドラマの中でしか見たことないという方が多いかと思います。

しかし、昔と違って今は大変気軽に利用する人が増えてきているのが事実です。昔は結婚相手の身元調査や、蒸発した人の行方調査などが多かったですが、今は依頼内容が変化してきています。

最近ではストーカー関連の依頼もあります。だれかにつけられているようなので調べて欲しい、つきまとわれているので何とかしてほしいといった内容ですね。警察は深刻な状況にならないと動いてくれませんが、興信所や探偵事務所は依頼されれば出来るだけの調査をします。

ボディガードがわりにずっと一緒に行動してくれ、と言われればそういった依頼も受け付けています。また、盗聴器を発見してほしいと言われれば、専用の機器で発見して、撤去することもできます。費用も想像するほど高額ではありません。

探偵は人を探すことがほとんどですが、時にはペットを探して欲しいという案件もあります。興信所や探偵事務所は決して敷居が高いところではありません。もっと日常的に活用していただければと思います。