パートナーの真実と浮気調査

浮気を黙認する事情

浮気を見て見ぬふりが出来る方は「何らかの事情」を抱えている場合が多いと言えるでしょう。

結婚相手であるパートナーに負い目があったり、現在までの結婚生活において申し訳ない過ちを犯してしまった等は考えられる原因と言えるのです。

理由はどうあれ「浮気や不倫を黙認し状況を把握しない」ことはお勧めできません。

ご自身を取り巻く環境を知り、「今後の自身にどのような展開が想定できるか?」は探偵の浮気調査等を利用して確認するべきと言えるのです。

過去のご自身が原因で「パートナーが浮気しても仕方ない」とお考えになることは仕方ないにしても「過去の過ちを悔いている」ならば「パートナーの浮気は嫌」という感情になることでしょう。

パートナーの真意を知ることを目的に浮気調査を実施することは無意味ではないと探偵は考えるのです。

浮気願望が変化する時

浮気願望をお持ちの方は日常生活に満足していない部分をお持ちの方とも言えます。

パートナーであるご主人や奥様に魅力を感じない方は特に「浮気願望を持ってしまう傾向が強く」現れるのです。

現実の浮気に走らないまでも韓流スターやアイドル・俳優に熱を上げる奥様は多く存在していると言えます。

ご主人に関しても「行きつけの酒場にお気に入りの女性が存在」するケースは少なくないでしょう。

現実的に浮気願望は自身に持っている欲求の解消先が存在し「浮気をしない方向性を保つ」生活を実践していると言えるのです。

矛先が間違った人物はどうなるか?

高確率で浮気を実行してしまう可能性があると言えるでしょう。

浮気に走らないまでも悪い解消先に浪費してしまったりというお話は頻繁に耳にすることが出来るのです。

浮気願望が浮気をしてしまう行動に変化する原因は「日常生活で抑圧されている部分との関係性」が否定できないといえます。

毎日、仕事に出かけストレスをもって生活している御主人が家庭に帰っても家族からストレスを感じるような状況に身を置いたならば「抑圧された欲求に変化が生じる」ことは十分考えられるのです。

奥さまに関しても同様のことは言え、家族全員からストレスを感じて生活していたならば外にストレス以外のモノを求める可能性が高くなるのです。

浮気願望が浮気に移行する原因を突き詰めると「日常生活や社会生活」からの影響を抜きに考えられないことが認識できるのです。

浮気をする人物は○○が出来ない

浮気をする人物は「現状に満足できない感情」を少なからずもって生活しているものです。

そんな人物の中には「幼いころより我慢が出来ない人物」も存在します。

日常生活で辛抱や我慢が出来ない人物には「多くの不都合や常識の欠如」が発生し周囲との調和を崩す原因にもなります。

身近な例でご説明すると「マナーが無い人物にこのような傾向が強く表れ」日常的におかしな行動を目にする機会があります。

幼いころより我慢を知らない人物が持つ常識は「独自の常識」が多く周囲の人物を驚かせることが少なくありません。

基本的に「すべての基準が自分にある」ためこのような発想で判断基準をもってしまうと言えるのです。

部屋の掃除一つにしても「自身の判断基準と他人の判断基準は同一と思い込んでしまっている」のです。

他人がどう見てもちらかっていると判断する部屋を「自分の基準でキレイ」と決めつけるのです。

このような判断基準がすべての言動の中に存在するため「常識外れな線引き」をされる存在になってしまうのです。

浮気をする人物の多くにも「自身の判断基準で我慢が出来ない」ことから浮気をする流れが確認できます。

近年では浮気が原因で「結婚に失敗」し自身が「結婚不適合者であると」言葉にする人物が目立ちますが、基本的には上記の要素が強いかどうか?が大きな要因となっていると考えられるのです。

浮気を継続する理由

浮気相手と関係を継続したいと考える要因は様々あるが代表的な理由は幾つかになってくる。いちばん多くの要因になっている理由の代表は「金銭や経済的援助」が目的にある不倫関係だろう。簡単にいってしまえば浮気相手の経済力により実現する裕福な時間や、自分の収入では購入不可能な品物が手に入る満足感や充実感・優越感などが大きく作用していることだろう。

誰しもより良い生活をしたいと考える。

当然の考え方であり「向上心」の話にもおよび、目的を持って向上する意欲にも通ずる。しかし、自身の努力や向上意識とは無関係に「手に入る」物には本質的な価値は無く何より「分不相応」と周囲からは見える。

ここに気づける方は「空しい不倫や浮気」という考え方に行き着く。

浮気や不倫を継続してしまう大きな要因の一つをお話ししたが「個々の執着心や考え方・過去の生活環境」も関係性が高いお話しでもあることを最後に付け加えたい。