依頼人の勇み足

探偵が如何に敏腕だとしても回避できないリスクが存在する。

浮気調査においてお話しすれば「依頼人が浮気を疑っている」事実を対象者が感づいており調査初日から尾行や張り込みに警戒している。このようなリスクは回避しようが無く探偵を困惑させる。

散々ご自分で探偵顔負けの尾行・張り込みを実施し「浮気の現場」を証拠として残す事ができずに尾行を感づかれてしまい「探偵に依頼」などのパターンも同様である。正直なところプロの尾行でも警戒している対象者を尾行する行為は危険である。成功・失敗以前に法的に問題がある。

無理に尾行継続すれば「迷惑防止条例やつきまとい行為」にあたる可能性が存在する。

ご自分で情報を得る行為はリスクが大きく、探偵の立場から言えば最悪の場合「浮気の事実が存在していても証拠を得られない事態」になりかねないため慎重に事をすすめていただきたい。

浮気相手との外泊

 長期休暇を控えた7月末、仕事を持っている方はそろそろ休暇スケジュールが出る時期と思う。

取引先の休暇に合わせ休みを予定する零細企業や世間のカレンダーに合わせ曜日で休暇を設定する個人事業主など様々な形態で夏期休暇を予定している事だろう。

殆どの一般企業は8月の第2週末から第3週にかけて夏期休暇を実施する2014年。

恋人やパートナーの休暇予定もそろそろ決定し「家族サービスの日」と「自分がゆっくり過ごす日」の選定作業が頭の中で行われる時期かと思う。旅行好きな方は「各種予約」が必要になるためそろそろ準備の最終段階に入っている事だろう。ここで浮気を疑っている方には重要なポイントとなる時期でもあることにお気づきだろう。準備が必要になるという事は「日常以外の買い物」や「予約」などが必要になるのである。

この時期は本人らしからぬ「浮かれた服装」や「水着」異性を意識した装飾品などを事前購入し浮気相手との外泊に備える準備期間であり「目立った行動」に気づく事が出来るチャンスでもある。普段、うまく嘘にごまかされている方でも「おかしい・怪しい」と気づき易い。

普段と変化が見られる購入品や移動予約などは最低限チェックし浮気防止に努めていただきたい。

 

浮気相手を増長させない

 浮気の証拠を獲得しパートナーが反省していれば「やり直す」準備は出来ていると言える。しかし、浮気相手の「思惑」は計り知れないため「保守」を前提とした「情報を知る」行為が重要である。

ここで言う「保守」とは「浮気相手の情報」や「生活環境」を知っておく行為の事である。最低限に知り得なければならない項目は「居住先・勤務先・家族構成」であると考える。浮気相手が将来的に「脅威」に成り得る可能性がある事や、浮気相手の開き直りから発生する「嫌がらせに近い言動」などの増長を防ぐため「浮気相手を知る」ことは最低限知って、最悪のケースに備える必要性は高い。

家族や生活を守るために必要な行為であり、確実な将来展望が期待できない状況のご家庭では「権利を最大限主張」する為に必要性が極めて高い行為であると言える。

浮気調査の要

 浮気調査を実施する場合に一番大切な「着手のタイミング」。

可能性の要素ではあるが「浮気の進行度合い」と調査に着手するタイミングには密接な関係が存在している。勿論、御依頼者に有意義な調査報告を届ける事を最優先に考えての場合である。

浮気の進行具合は「つきあい始め」のパートナーの変化に気づける事が重要である。浮き足だった行動や仕草、服装や金銭の浪費に着目していれば容易に変化を感じ取れることと思う。この時期の「変化」に気づけない場合は「着手のベストタイミング」を逃す可能性が大きくなる。マンネリは浮気にも存在しており、交際頻度が落ちる事は仕事を持つ社会人であれば起こりうる。

男女間の交際は「テンションの高低」で行動を共にする頻度が大きく違い「浮気の動かぬ証拠」を確実に確保したいとお考えの方には「浮気調査を実施するタイミング」を吟味し「結果を出す確率を上げる」努力が必要となる。

浮気相手の心情

 不倫関係に陥る男女の心情には「無い物ねだり」の心情が作用している。

例えるならば、奥様や旦那様にない「魅力」を不倫相手や浮気相手に求めている。下世話な話になるが「肉体関係が魅力」であったり「夫婦にない優しさ」なども代表的理由のひとつ。

不倫相手の「金品や外見」が魅力ならば遊びの範囲内とも取れるが、実際の「判断」は困難である。

事実確認や交際のペースが「不倫相手の心情」を理解する手段である事に間違いなく、探偵と御依頼者が協力して「不倫の進行」を阻止できる手だてでもある。

不倫相手の交際時間は「制限がある」ため行動に無駄が少ないと言える。探偵が行う調査で「事実確認」(行動調査)比較的たやすく日常生活のペースを把握し、不倫を阻止する「予定」をパートナーに持たせる事で交際時間を削る作業も容易に行える。

まずは、「相手をよく知ること」につきる。