調査で危険な偏った考え

個人差は存在するが「物事に対する柔軟な考え方」は年齢と共に出来なくなる傾向が強い。自身の過去の経験や考え方に強い自信を持っている人物ほど柔軟な考え方は出来ないといえる。

探偵は依頼人のニーズに対して「柔軟な姿勢」を常に保って接して行かなければならない職業である。

探偵が御依頼者の「求める調査」を充分に理解し、最適な調査方法を選択し実施されなければ理想的な図式とはならないだろう。調査を受件し実施する過程で「何らかの変更」が必要になる場合も充分に考えられるのである。

このような調査の必要性に応じた変更は「柔軟性」が最も必要になる場面と言えるだろう。

御依頼者の意向を理解していない仕事は無意味である。

多くの無駄が発生し「時間と労力」が無意味に費やされることになる。このような調査は「依頼人の意向」を十分理解していない状況下で発生し、探偵自身の評価を下げる状況に陥る最たる原因である。

一般的に仕事上求められる「ほうれんそう」(報告・連絡・相談)一連の業務が基本的な仕事に反映されていれば何の問題もないと言える。

探偵の偏った考えによる無駄についてお話したが、時として「依頼人の思いこみ」による偏った調査も存在する。

多くの依頼人は「問題を想定し依頼」する事が常識であり、依頼に関わる「情報をもとに調査結果」を欲するのである。このような考え方が基になり探偵が調査を実施したならば殆どの案件は「トラブル」となる。

トラブルとなる一番大きな原因は「依頼人の想定」が外れることである。

探偵が依頼人の「想定を基にした考えによる調査」を実施したならば「偏った思いこみの要素」が調査の基盤になり「現実的な無駄のない調査」とはほど遠い図式で調査が実施され進行してゆく。途中経過を基に探偵が調査手法の修正を提案することも可能だが、探偵が「依頼者の意向だから!」と安易に調査を最後まで進行してしまったならば「待ち受けているものはトラブル」である。

依頼人は「このような結果は無意味だ!」と主張し、探偵は「御依頼者の意向通りの調査を実施した結果!」と双方の主張は平行線をたどることとなる。このような状況は探偵が自ら想定し避けて通らなければならないと著者は考え実行している。

御依頼の際に「調査を実施するにあたり想定されるリスク」を必ずご説明するのである。

リスク説明は他業種で表現すれば「医療現場などでは一般的」と言えるだろう。医師から事前説明のない手術は危険で実施できない事だろう時間を設けて家族や患者に納得してもらい手術を実施している。

探偵自身が依頼人の意向中心の調査を実施した際に「想定されるリスク」を事前説明し、依頼人が熟孝する時間を設けるべきであると。この時間を設ける事は大変有意義であり「依頼人が意図としない無駄」の多くが省かれることとなるばかりか、「この探偵は想定がきく経験豊富な人物」であるとの印象が依頼人に残るのである。

探偵に必要な認識力

御依頼者の極めてプライベートな案件を取り扱う探偵業において「探偵の基礎的な認識力」は極めて重要となる。

依頼人が思い描く「ベストな調査結果」を導き出すために「探偵がチョイスする調査手法」がマッチするかどうか?の場面で「依頼人のオーダーを認識」する力が最も必要になるからである。

依頼人の意向を探偵が「充分に認識できない」状況下で調査を実施した場合に発生する「依頼人からの要望」は調査が進行した段階で増加することは危険である。

如何に経験豊富な探偵であっても「調査前の認識違い」を調査で回復することは困難であり、必ずと言って良いほど「言った言わない」のトラブルに発展する。お互いの認識を契約時に確認し合い「充分な確認」を済ませた上で調査に着手する事がのぞましい。

基本的な事ではあるが何事「コミュニケーション欠如」は負の要素を生み出すきっかけになるので充分注意したい。

事前説明

 探偵が御依頼者から依頼をまかされた場合に重要な「事前のリスク」や「費用」に関わるご説明。

御依頼者に納得していただき「依頼」に着手しなければ探偵の業務は円滑に機能しないと言える。中途半端な説明やオブラートに包んだ物言いは後々「言った言わない」のトラブルに発展する典型的な公図と言える。どのような業種でも「仕事に必要な人員や経費」や「最低限の日数から算出される見積」は事前にクライアントに伝えなければ「仕事」にならない。

特に我々が手掛ける「調査」などの業務は「御依頼者の希望」にそぐわない調査結果も存在するため「事前説明」の重要性は他業種よりも比重が高いといえる。

もし、これから探偵に御依頼を検討している方は一つのポイントとして記憶にとどめて調査を依頼することが望ましく、相談した探偵業者が「都合の良い結果」だけを想定した提案しかしない場合は要注意なのである。

効率の良い手法

 現場の調査を長年手掛けていると「有意義な時間帯」を効率よく調査する事の重要性に気がつく事ができる。当然のことながら「依頼人との相談により調整」が重要になり「依頼人の承諾」が無ければ調査に着手出来ない。

例を挙げるならば「調査対象者に関する情報で依頼人が欲している生活時間帯」を無駄なく調査する事が望ましい。

もし、調査対象者が不規則な行動や仕事に追われている人物ならば「妥協点」が必要になるだろう。おのずと御依頼者との相談と調整により「調査の方向性」が決定し納得の行く調査を無駄なく行える事だろう。ここで妥協点を設けなければ「際限なく無駄」が生じ調査員の疲労とモチベーションの低下を招き「調査に悪影響」を及ぼす。依頼人サイドからしても報告書に無駄が多いことが望ましい報告のわけがないのである。

要するに「依頼人との密な打ち合わせ」により「可能か不可能か?」を納得していただき調査範囲を限定する手法が最も効率良く調査を遂行する近道なのである。

想定できる

 経験豊富な探偵は御依頼者の相談に対して「過去のケース」から今後の進行方向が想定できると言える。良心的な探偵であれば当然ながら「御依頼人がどうしたいか?」を理解し調査方針を提案する事だろう。必要とされる調査方法のおおよその日数であったり概算の調査費用もおおよそ見当がつくと言える。

ここで、良心的ではない探偵はどのような「相談」を行い御依頼者に不利益(無駄な調査)を提案するのか?簡単ではあるがお話したい。

まず、営利目的の探偵の特徴は「調査の要点」を理解していない傾向が強い。御依頼者にも気づく事が出来る「おや?こんな方法で大丈夫?」などの調査方針を平然と提案する。要するに「一日でも多く調査を実施」したい願望が調査方針に見えて「調査のタイミング」を無視した「無駄」を提案している。このような営業行為や相談を実施する探偵との面談は論外であり時間の無駄といえる。

次に多いケースは「依頼者が想定する調査方法」を無視し独自の調査方法を提案し実施を強く進める探偵には「営利目的の要素」が大きいと思われる。相談の時点で「予算を大幅に超える」調査方針を提案してきたり、希望する「調査期限」を理解しない「調査方法」を提案する行為も危険性が高いといえ、依頼するリスクが高い探偵の例といえる。

上記が営利目的の探偵に見られる「相談や営業」なので「おや?この人要点を理解していない」などの不安な提案がある探偵との契約は十分注意し相談と依頼に役立てていただきたい。