自分で浮気の証拠

 ご自分で費用をかけずにパートナーの浮気の証拠を得ようと考える方が増加傾向にある。ご自分でGPSを購入しパートナーの所持品に忍ばせたり車輌に取り付けたりと考えられる手段で「行動を把握」しようとしている。しかし、パートナーの行動に嘘がなく予定調和の行動がGPSで確認できていても落とし穴は存在している。

その証拠に多くの情報をご自分の手で得た御依頼者の相談が増加している事も紛れもない事実でもある。

GPSで調査を行った場合に一番重要になる点が「GPSの誤差」なのである。機械の性質上どのような環境下でも誤差は生じる。生じる誤差は半径500メートルから50メートルと広く「都市部の繁華街」でこの誤差が生じた場合に現在地点の信憑性はかなり低くなる。

プロの探偵が持つ経験値がこの誤差を小さくし正確な場所の特定に欠かせないと断言できるのである。

どうしても調査に必要な予算が無い場合は「ご自分で何度もGPSを確認し」誤差を小さい半径に絞る作業が必要になる。パートナーが頻繁に出入りしている地域は限定できるメリットがあると同時に浮気相手と「何曜日に何時頃会う」などの情報も統計として得られる事だろう。気の長い作業になるデメリットがあることは言うまでもなく「パートナーに気づかれるリスク」も覚悟しなければならない。

一度、警戒心をもった人物の調査は困難であり「当事者がご自分で尾行」などは実施できないといえる。

GPSで浮気の証拠を得る

 ご自分で浮気調査を実施される方に多い「GPS」を利用したパートナーの行動を把握する手法。仕事に持ち歩く鞄の底や使用しない収納に小型GPSを潜ませ、後日回収し「軌跡」を確認する。勤務先以外での行動を把握し滞在時間もおおよそ推測出来ることから「浮気調査を実施」する判断材料として力を発揮している。

探偵が御依頼者から得られる情報で結果が得られるまでに必要とされる「期間や費用」に大幅な差が生じる事があるため「浮気調査の内偵」という視点での上記予備調査は御依頼者にとってメリットが大きい。

ただ、事を焦って行う行為はおすすめ出来ない。

万が一、GPSが発見されるリスクも念頭に置いて実施しなければならない事やその後のパートナーの行動が注意深くなる事も想定して使用しなければならない。毎日のGPSからのデータ回収などは極力避けて無駄な行動は最低限にとどめておく必要がある。

もし、パートナーが注意深く神経質な正確な人物であるならばご自分での調査は避けた手法が賢明であり、最低限の情報収集に止めておく事をおすすめしたい。