浮気後の修復

自己の欲求のままに浮気をしてしまい「家庭をかえりみて後悔」する。

結果的には他人の庭が良く見えていただけであると気づき「浮気や不倫を解消」し退屈な日常生活に戻る。この状況下で多くのご夫婦は「関係に亀裂」が生じていたり「仮面夫婦」のような冷えた関係に陥ってしまう。

当然だろう。

信頼して結婚した相手に裏切りが見え隠れしても「我慢して日常を過ごして」いたのだから・・・信頼関係の回復や修復には時間を要するだろう。

浮気や不倫は「怪しいと感づかれている」場合が殆どと言って良い。多くのご夫婦は家族のバランスを考慮し「辛抱し信じて待つ」のである。この領域を越えた次元で浮気・不倫を繰り返す人物は探偵の出番となる。

「自分は浮気がばれない!」などと大きな勘違いをしている方はパートナーの人柄に助けられて存在している事を全く理解しない「浅い人物」であると思う。

西日暮里の興信所

当社は西日暮里駅から徒歩1分の興信所である。過去の御依頼者は「ご自分の生活圏に在する探偵や探偵事務所に依頼をすることに抵抗」を感じて当社をご利用される経緯がある。探偵や興信所に調査を依頼する内容は極めてプライベートな事案が殆どであり「知人に会いたくない」感覚は共感できる。

当社が探偵・興信業を起業して早いもので30年の歳月が経った。

各種調査に対する経験値では申し分ないと自負している。御依頼者のオーダーを第一に「無駄なく納得の行く調査」を心がけ、相談・問い合わせに対応させていただいている。

日常生活上の各種トラブルや悩み「浮気調査」などに代表される恋愛問題の解決に必要な調査を日夜実施し「ご依頼人の生活を守る調査」をこれからも継続してゆきたいと考えている。

探偵・興信所をご利用の際は「西日暮里の興信所」にご相談下さい。

浮気に走る前提

既婚者であっても恋愛感情は存在し、日常の忙しさとは関係なく「出会い密かに思う」事は可能である。

既婚女性の場合は上記の傾向が若干強く感じる。仕事の有無に関係なく「素敵な異性にときめく心」をもって「いくつになっても女性として見てほしい」とおもっている。結婚し出産、子育てに一段落した40代50代でも大なり小なり「一人の女性」なのである。

倦怠期を迎えたご夫婦の殆どが「双方に無関心」となっている事実があり、「奥様を女性として扱うことない御主人に対する不満」をもって月日が流れてゆく。

このような流れは浮気に走る前提として一番オーソドックといえ、世の男性は注意しなければならない。もし、御主人との生活に不満が無い奥様ならば尚更であり「うちの奥さんに限って・・・」は通用しないのである。

女性は一度「強い恋愛感情が芽生えてしまうと後戻りしない」傾向がある。

家庭や子供がある奥様であっても例外ではない。

奥様が恋愛する新たな異性は御主人以上の存在とは考えていない。既に御主人は「奥様の恋愛対象では無くなっている」のだから。

浮気を継続する理由

浮気相手と関係を継続したいと考える要因は様々あるが代表的な理由は幾つかになってくる。いちばん多くの要因になっている理由の代表は「金銭や経済的援助」が目的にある不倫関係だろう。簡単にいってしまえば浮気相手の経済力により実現する裕福な時間や、自分の収入では購入不可能な品物が手に入る満足感や充実感・優越感などが大きく作用していることだろう。

誰しもより良い生活をしたいと考える。

当然の考え方であり「向上心」の話にもおよび、目的を持って向上する意欲にも通ずる。しかし、自身の努力や向上意識とは無関係に「手に入る」物には本質的な価値は無く何より「分不相応」と周囲からは見える。

ここに気づける方は「空しい不倫や浮気」という考え方に行き着く。

浮気や不倫を継続してしまう大きな要因の一つをお話ししたが「個々の執着心や考え方・過去の生活環境」も関係性が高いお話しでもあることを最後に付け加えたい。

ハロウィン

本日の通勤列車にガチャピンが乗車していた。詳細はガチャピンの着ぐるみを身につけた若い女性が座席に腰掛け恥ずかしそうにしていた。

本日、10月31日はハロウィンである。

西洋文化が日本の社会に影響し根付く事があるが「お化けの装いの仮装」を日常生活のなかに見掛けると違和感をおぼえる。私自身が年齢的に抵抗を感じてしまうのか感覚がずれてしまっているのか少々不安になる。

話は前後するが今週の日曜日に六本木を訪れ「着ぐるみ・お化けメイク」の幼い子供や若い女性が多く見掛けられた。

秋のお祭りとして根付いてきているが率直な感想である。

街中の生活雑貨店などはハロウィンに便乗した商品を多数見ることができる。私が幼少期は貧しい家庭にクリスマスケーキなど無く西洋文化が日本に定着し始めた世代である。時代は変化し新たな習慣や文化と融合している。

外資系企業が多く国内に存在し新たな文化が定着するスピードが加速しているのだろう。