必要な証拠

 トラブル解決に役立つ各種「証拠」。探偵が行う調査で得られる証拠は「御依頼者の利益や権利」を守るため役立つといえる。

ご自分が抱えている問題解決に必要な証拠は「どのようなかたち」なのか探偵や法律家などに相談しアドバイスを得られれば心強いと思う。大抵の場合「最悪のケース」を想定して「この証拠」があれば大丈夫との考えの基に調査は行われる。御依頼者自身がメールなどの証拠をお持ちでも「一度相談し確認」し証拠能力の高いモノか低いモノかの判断をしてから「更なる行動」を起こすことが望ましいと言える。

自己の判断により「お持ちの証拠」を利用し証拠能力が低いと判断された場合には「主張や権利」が損なわれる恐れがあるため充分注意し利用する事が必要である。トラブルの相手にも「責任や義務」を逃るための「主張」があることは忘れずに堅実な対応がのぞましい。

お悩みトラブル解決

 多くの相談者の悩みやトラブルを解決する職業。

探偵や興信所は時に「トラブルバスター」であり、時に「悩みを解決する」被相談者でもある。相談者の全てが依頼に直結してはいない。悩みを相談し「安心を得て」日常生活に戻る方が多く存在している。

悩みを抱えている当事者の気持ちは追い詰められた心情が多く「相談のタイミング」を逃した相談者が「依頼人」となる確率が高い。相談時の状況が軽微ならば「調査の必要性」も少なく済む。

状況が深刻化する前に「探偵に相談」するメリットは多く、「追い詰められて」からの相談は依頼人になって調査に着手しても「悪状況」に変わらない案件になってしまう。

早め早めの相談は「解決策の選択」も多く、精神的不安定を早期に解決する近道と言える。