探偵と興信所の役割

「転ばぬ先の杖」いわゆる防御や盾としてトラブル回避を目的に情報収集を依頼する。

・ご近所間のトラブル

・遠方に居住する身内の近況や身辺の情報

・ビジネスパートナーや取引先の近況及び経営状態

・結婚相手やその家族の情報

・金銭貸し借り相手の情報

 

 ささいな不安や細かなトラブルでも自分で手に負えない情報収集は探偵や興信所の担う役割になります。