将来を考えた調査

社会性を考慮した大人の判断を下す為に情報は必要である。

探偵や興信所を利用する御依頼者様の多くは「将来のビジョンにあった判断」を間違いなく行う事を念頭に「調査を依頼する」のである。

時には「感情に流されて」調査を依頼する方もいらっしゃるが「後に後悔を残す」結果が多いといえる。探偵や興信所の仕事は「低料金で行えない」現実がある。その場の感情で我慢がきかずに調査を実施するには「高額な出費」と思える。

社会性のお話しに戻るが「親戚つきあい」や「身内の将来」を考えて「事前情報を得る」為の調査が増加傾向にある。核家族・少子化が進む現代社会であるがゆえに「より良い人生を身内に送って欲しい」と考える身内が多く存在している事が理解できる。依頼人が祖父母・両親であり「子供の将来」を考えて「間違いない結婚相手を」や「新居購入場所の近隣」を下調べなども一般的になってきている。

以前にはおおよそ考えつかなかった「依頼内容が増加」している。

私が居住する共同住宅周辺もここ数年変化が見られている。築年数が経ったマンションやアパートの多くにアジア系の外国人や南米系の外国人などが多く入居するようになってきている。

就労目的で日本にやって来ている方が多く「裕福な方には見えない」が正直なところである。日本に長く暮らしている私たちと海外で生まれ育った方には「ギャップ」が存在する。平和に慣れた日本人と治安の良くない外国では「意識」が異なるのである。特に「善し悪しの判断が曖昧」な感じが日常生活の中でちらほら見てとれる。

もし、あなたが地方を出て関東圏に新居を持とうとお考えならば「必要な下調べ」が多く存在することにお気づきになるだろう。

調査の要

探偵が行う業務全般において必ず必要となる「丁寧・緻密」の要素。

どのような調査をおこなっていても「イージーミスをしない丁寧な仕事を怠らない心がけ」や「緻密に情報収集し情報の取得漏れをしない」モチベーションの継続は大切である。

どんなに時間に追われていても「基本に忠実」な業務を行わなければ依頼人が納得し報酬を支払える「調査報告」にはならない。要点だけを調べても一貫した筋道の通った報告書にはならないからである。

探偵の調査は本当に「情報量が命」と言える。

データバンクや信用情報などの「最低限の情報と同様な調査内容」では依頼人の期待ハズレとなってしまう。

落ち着き丁寧に緻密な調査を身上とした調査を行う探偵は優秀と言える。

調査の舞台

 順調に結果が得られる案件ほど調査予定が次々に入ってゆく。毎回、対象者の情報が得られれば「納得して依頼」出来るという事なのだろう。

案件によっては遠方に足を運び「調査の舞台」が地方であることもしばしば。今回の連休も大方そのような仕事運びとあいなりそうである。そんな地方での調査は御依頼者からの事前情報の有無で案件の成功率は異なる。

事前情報の少ない案件で移動が重なった場合には「現場の対応」が後手を踏む事が前提になる。新幹線の移動やレンタカーの利用が理解しやすいシュチュエーションと思う。対象者が準備万端であり探偵はぶっつけ本番の出たとこ勝負といった不安定なリスクを背負い込む。

もし、このようなシュチュエーションが想定される案件の調査を希望される方は早期の段階で詳細情報を探偵に提供していただけると安心して現地での調査が遂行できメリットがあるので憶えておいていただきたい。

家族を心配して

 家族や身内を心配になり探偵や興信所に調査を依頼するケースが存在する。

息子夫婦や娘夫婦に問題がある場合はご両親からの調査依頼となる。逆もあり両親夫婦を心配して子供達から調査依頼を受けるケースも存在する。

特に親族で会社を経営されている方には「単なる家族のいざこざ」を超える場合があり「問題の芽」は早期につみ取る為の「調査」が有効で仕事や会社経営を円満にするために「身内の調査」は欠かせない。

悪い状況下の身内を放置する行為は家族や仕事に大きく影響を及ぼしかねない。

調査を行う事で、過去の御依頼者にも「家族関係」が良好になった方は多く存在している。