浮気 離婚 慰謝料 信頼の興信所アーガスリサーチ 東京都公安委員会 探偵業届出済(第30070158号)

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME >妻が不倫した結果、大きな代償を支払っています

不倫の代償

浮気調査はおまかせください。興信所のアーガスリサーチ

 

妻の不倫の代償実例1

浮気や不倫をしてしまい、結果が判明した為に大きな代償を支払った人はかなり多くいらっしゃいます。


ある夫婦がいました。結婚して13年。夫は42歳、妻は38歳。

この夫婦には小学5年生と3年生のお嬢さんがいます。

下のお嬢さんが2年生になった頃より奥さんは家計を助ける為に昔していた経理事務の経験を生かし、事務職として勤めに出るようになりました。


ところが1年くらい経った頃より、残業や社員同士の付き合いと称して帰宅が遅くなることが増え、また疲れていることを言い訳にして夜の夫婦関係も拒みだしたのです。

妻を全面的に信じていた夫は家計を助ける為に働き出したことに感謝こそすれ、当初、全く疑うことはなかったそうです。

ところが夫が帰宅した時にやはり家路を急ぐ、妻が先に歩いていました。

いつもの妻の帰宅時間よりは3時間くらい遅く、携帯電話をしながらです。

娘達に電話でもしているのか思い近づくも話に夢中で気付きません。

すると電話を切り際に「愛してる」という言葉が聞こえてきたのです。

耳を疑ったそうですが確かに聞こえたので声もかけらず、しばらく呆然としてしまったそうです。

少し遅れて帰宅すると妻は今夜も残業で私も少し前に帰宅したと。

娘達の夕食はと聞くと既に朝、用意していたというのです。

まるで残業があることを判っていたかのように。

一度、疑い出すと止まらなかったそうで、全ての言動が浮気に繋がっているように感じてしまったそうです。

そして当興信所に相談に見えたのです。


この妻の不倫調査の場合、退社後の行動を数日間マークすれば殆ど結果が得られると判断、何日が続けて不倫調査を実施することをお勧めしたのですが自宅マンションを購入したばかりで余り予算がないとの事。

このご主人が賢明だったことは妻に対して電話の件を問いたださず、疑っていることも悟られないようにしたことです。

そして当興信所からの指示でもし残業や付き合いが前もって判っている日は俺に言ってくれ、なるべく早く帰って娘達と一緒に食事をするからと言って貰いました。

すると明後日の水曜日に送別会があり、顔を出すので少し遅くなるという予定が入り、その水曜日を指定、不倫調査をお受けしました。


結果は案の定です。


退社後、勤務先の上司らしき男性と合流しラブホテルで不倫をしている事実が判明、しかも相手男性の自宅を特定したところ、男性も妻帯者でありました。


ご主人は想定していたとはいえ、不倫調査報告書に記載されている事実を見せられ、やはり相当の動揺は隠せませんでした。

ご主人は離婚する、しないは今は考えられないが相手の男性は絶対に許せないということで当興信所の顧問弁護士を紹介し今後の処置を委ねました。


結果、ご主人は妻に対しても許せなかった模様で離婚を選択、妻と相手男性に慰謝料を請求することとなり、更に財産分与や娘達の親権問題にも波及、かなり大変だった模様です。


最終的に妻との離婚が成立、娘達はご主人が引き取ることに。

何でも不倫のことが娘達にも知られてしまい、娘達がかなり強く拒否したみたいです。

浮気相手の男性は離婚は免れたようですが奥様にも知られ、そのことから勤務先も知ることと成ったそうです。


更に妻はこの奥様からもこちらが請求した金額の半分ほどですが慰謝料を請求された模様です。


この妻が不倫してしまった結果、大事な家庭を壊し、娘達とも離れて暮らさねばならなくなり、以前の勤務先は退職、しかも殆ど金銭はなく、1人で生活していかなければならなくなったそうで、かなり高額な不倫の代償についてしまったようです。


当興信所では御依頼者の予算に応じた調査方法を模索し不倫調査なども可能です。

予算が乏しいからとあきらめていませんか?

ご相談は無料ですので当興信所のフリーダイヤルにお気軽にお問い合わせ下さい。

貴方の不倫調査は今が絶好のチャンスかもしれませんよ。

※スマホでご覧の方はフリーダイヤルにタップして頂ければ当興信所の相談員と通話可能です。