興信所の評判・口コミ 信頼のアーガスリサーチ 東京都公安委員会 探偵業届出済(第30070158号)

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 興信所について > 興信所の評判・口コミ

興信所の評判

浮気調査はおまかせください。興信所のアーガスリサーチ

興信所の評判について知る

興信所を選ぶ時点で重要な選ぶポイントは「知りたい事が結果として得られるか?」につきるのではないでしょうか。

多くのご相談者様やご依頼者様は、興信所を訪れた際に相談するなかで「知りたい内容が調査結果として得られる可能性」を模索し判断しているはずだからです。

おそらく、調査によって知りたいと考えている情報を入手する事が困難であり、 難易度が高ければ調査依頼にためらいを感じることでしょう。

どのような御相談でも御依頼でも「お金を費やす以上は結果を得たい」との考えが働くものです。

充分な結果が期待できない案件を依頼して無駄な調査費用と労力・時間を費やしたくないと考える事に異論は全くありません。

このような考えに基づき、興信所に調査を依頼するかを判断することは極めて重要なことです。

この「調査するか?調査しないか?」の判断に迷う要素がある案件の調査をすすめる興信所は、 正直申し上げて「評判の良い興信所」には分類されないのではないでしょうか。

難易度が高く調査結果が出にくい案件の実施を勧める興信所は、 ご依頼者様とのトラブルを何とも思っていない傾向にあり、信用できる興信所では無い可能性が高いと言えます。

また、現在の調査業界は「探偵業法」に沿って営業されています。

従って、必要な契約に関わる説明(重要事項説明)を怠る営業や 調査結果に関わるリスク説明を行わない興信所、つまり探偵業法に沿った営業を行っていない興信所との契約は見あわせるべきです。

興信所の口コミ情報は危険

現実問題として、インターネットでよく見られる興信所の評判や口コミサイトは自作自演のものが見られ、 御依頼者様がその情報を鵜呑みにして興信所とのトラブルに発展する例もあります。

探偵・興信所の業務には強い秘匿性があり、それによって基本的に評判が広がりにくく、 そもそも評判の情報が得られないことを考えると、客観的に評価するはずのランキングなどは極めて信憑性が薄くなります。

それを信じて問い合わせをする価値があるか?の判断は個々に委ねられます。

ご自身の目で見て耳で聞き、信頼が置ける興信所であるか判断することが最も望ましい手法であると当興信所は考える次第です。

興信所も1社だけの相談だけで依頼を判断せずに、数社の相談を行い、興信所の評価をご自身で行う事が望ましいでしょう。

ご相談者様が置かれている状況につけ込んだり、人の悩みにつけ込む営業を実施する興信所との相談や契約は最も危険であり、 「不安な心情から依頼先の興信所を焦って決めない」ことが肝心と言えます。

興信所の信頼度

興信所の調査を利用したいとお考えの方が頭によぎる不安要素は何が考えられるでしょうか?

おそらく真っ先に考える不安要素は「興信所の信頼度」についてだと思います。

悩み事を相談し解決するための調査を依頼するに値する興信所であるか?

当然、探偵について詳しい知識を持っている方はそうそういませんから、吟味して判断する材料を持ち合わせていない方が多いでしょう。

幾つかの興信所に連絡をとり「相談内容に対する対応」を見極めるわけですが、 この時点で正規の手順で興信所を探しているとご自分で判断されている方は少し危険な思考の持ち主かもしれません。

なぜなら、いわゆる「高額料金」で営業している興信所ほど「広告費を膨大に費やしている」傾向が強いからです。

露出の多い探偵・興信所の広告費=依頼料

ご自身がインターネット検索等により探し問い合わせしている興信所が、膨大な広告量による露出をしている、 もしくは芸能人や有名人を広告塔としている場合は、宣伝費用に多額のお金を費やし、依頼人からその広告費共々調査費用として回収する、という営業手法をとっていると考えられます。

これらの興信所に問い合わせや相談をし、契約して調査を実施してしまった後にトラブルに発展してしまう消費者が多くなっているのが実情です。

調査を実施して初めて気づかれる御依頼者が殆どですが、相談した案件が調査により解決する可能性がどの程度なのか?の事前説明がなく、 調査の難易度もまったく理解できないままやみくもに調査を実施するだけの興信所は、依頼人が望む調査結果よりも「利益」を追求する業者と言えます。

消費者センターなどによせられるトラブルの多くはこのような悪徳興信所により引き起こされている現状にあります。

探偵や調査の業界に汚点をつくり続ける存在として業界内では認知されているものの、資金力にものを言わせて新たな依頼人を集っていると考えられます。

実際の例として「ある人物を捜す仕事を依頼する」場合に、上記のような広告費にものを言わせて依頼人を集う営業を実施している興信所が提示する成功報酬額は、 調査に着手する費用として200万円を請求し、捜索し発見した場合には更に成功報酬として200万円を追加請求する料金制をとっています。

これは一般的な興信所が同じ条件で調査を実施し請求する金額の約4倍です。

同じ調査を実施して請求される金額に4倍の差額が生じてしまうのです。

弱みにつけ込む営業行為は道徳や倫理観を無視している行為であり、このような悪徳興信所に依頼しないために興信所を見極める判断材料は、 できるだけ問い合わせや相談前に知識として持ち合わせた上で行動していただければと当社は考えております。