彼氏・彼女に浮気された方 信頼の興信所アーガスリサーチ 東京都公安委員会 探偵業届出済(第30070158号)

調査事例・アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > 彼氏・彼女に浮気された方へ

彼氏・彼女に
浮気された方へ

浮気調査はおまかせください。興信所のアーガスリサーチ

 

彼氏・彼女に浮気された方へ

1.浮気調査ときけば夫婦間の問題だと思う人が多数だと思います。

しかし最近では結婚前のカップルからの浮気調査依頼が非常に増加しています。
主に相談者は長年付き合っているカップルや長期にわたり共同生活をされてるカップルです。
なぜそういった浮気調査依頼が増えてきたかというと近年の晩婚化に伴い結婚への意識が慎重にな人が多く、すぐに結婚せず長い期間同棲を経てから結婚するカップルが増えているからです。

結婚する期間が長くなればなるほど、その分浮気をする機会も増えますし、結婚していないため浮気が発覚しても法的なリスクがなく、安全だと思っている人は多いです。

しかしながらそれは間違いで、結婚や正式な婚約をしていない場合でも同棲期間が長い場合は実質的な婚約期間とみなされ、不法行為になり慰謝料を請求することが可能となります。

ですので同棲期間が長い方で交際相手に不安を抱いたら探偵社を利用して浮気調査をする価値は十分にあります。

仮に浮気が発覚しなくても、人生のパートナーは本当にこの人で良いのか確認でき、将来への不安も解消できるので、心配であれば浮気調査を利用してみてはいかがですか。

2.結婚を目の前にして、誰もが一度は思ってしまう心理というものが存在します。

それは「元彼・元彼女と会いたい。他の異性と付き合ってみたい」という傾向心理です。
そしてそれは、人にも伝染します。
「あの人もやってるから、きっと私も大丈夫」と軽く思ってしまうのです。
この婚約前の浮気調査の依頼は実はとても多いのです。

婚約中に不貞行為(浮気など)が浮気調査で発覚した場合、婚約あいてに不法行為責任が生じる事があり、また不貞行為の相手も法的地位を侵害したとして、不法行為責任(民法709条)を問う事が出来るのです。 つまり、婚約者の一方が浮気調査により、不貞行為が発覚し場合、浮気調査での証拠の立証が可能ならば、婚約者・浮気相手への慰謝料の請求が可能なのです。

大切な事は、事実を立証できるかなのです。法律上、正当な理由もなく婚約を破棄した場合、損害賠償を負う事があります。

正当な理由として
①当事者同士の合意。
②不貞行為の発覚。立証
③相手に重大な嘘をついていた場合

結婚式までわずかなのに、婚約者と会えない態度が冷たい等、いつもと違う対応・行動が目立つようになったら浮気調査の必要があると言って良いでしょう。

不安に押しつぶされる前に、まずはご相談を。


3.彼氏による浮気の実例

【実例 1】
・大学で知合い付き合い始めたカップル。彼氏が一人暮らしをしているため、二人は半同棲状態だった。そんな状態が半年続いたがいまだに彼女は合鍵をもらってはおらず、また彼女のものではないアクセサリーを発見したため疑問を抱き浮気調査を依頼。

【実例 2】
・付き合い始めて3年目のカップル。お互いに社会人2年目を迎え以前よりも会う時間が減り、また彼氏の上司は女性だった。上司との時間が増え彼氏は好意を抱くようになり二人は関係を持った。以前より連絡が取れなくなった事に不安になった彼女は浮気調査を依頼。

【実例 3】
・会社仲間との付き合いで彼氏はキャバクラによく行くようになる。そので知り合ったキャバクラ譲を気に入ってしまい貢ぐように。ある日彼女は彼氏が多額の借金をしていること発見。結婚を考えていた彼女は原因を知るため浮気調査を依頼。

【実例 4】
・結婚を控えていたカップル。全く結婚の準備をしない彼氏に彼女は不満をつのらせていたと同時にこの人でよいのかと考えるようになる。ある日彼氏が他の異性とのメールのやりとりを見つけてしまう。不信感を持った彼女が浮気調査を依頼。

【実例 5】
・ファッションや流行に鈍感な彼氏。そんな彼氏が見たことのないネクタイをしていた。プレゼントをした覚えのない彼女は疑問をもち浮気調査を依頼。

4.彼女による浮気の実例

【実例 1】
・同棲を長くしているカップル。しかし彼氏はなかなか結婚の話を切り出してこない。彼女は不満の中を抱いていた。そんな中バイト先で知り合った異性と関係を持つようになってしまう。以前よりも冷たい態度に疑問を抱いた彼氏が浮気調査を依頼。

【実例 2】
・友達からの流れで付き合ったカップル。友達同士でもよく遊びにいっていたが最近女友達と会うといって出かける回数が増える。不信感を持った彼氏は浮気調査を依頼。

【実例 3】
・男性ばかりの職場で働いている彼女は普段も異性からの連絡がくることが多く彼氏は気になっていた。ある時彼女が知らない男性と電話している内容を聞いてしまい疑問を持った彼氏は浮気調査を依頼。

【実例 4】
・10才差の年の差カップル。彼女は社会人になり環境が変わったと同時に違う異性を好きになり関係を持ってしまう。彼氏への愛情が薄まり冷たくなっていく彼女に不信感をもった彼氏が浮気調査を依頼。

【実例 5】
・社会人になると同時に遠距離恋愛になってしまったカップル。はじめは頻繁にお互い連絡を取り合っていたが仕事が忙しいとの理由で連絡がつかなくなり始めた。遠距離で時間もないため彼氏が浮気調査を依頼。