興信所に依頼 選び方のコツ 信頼のアーガスリサーチ 東京都公安委員会 探偵業届出済(第30070158号)

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 興信所について > 興信所に依頼する前に

興信所に依頼する前に

浮気調査はおまかせください。興信所のアーガスリサーチ

選択

興信所に依頼する前に

ご相談者は様々な悩みや不安を解消するために興信所の扉を開けられます。

ただご相談者の中には調査対象者について殆ど情報を持っていない人もおられ驚かされます。

夫婦間であれば圧倒的に浮気調査が多く、退社後の行動を調査したりしますが御依頼者の中には配偶者の勤務先を知ってはいるものの一度も行った事のない方、別営業所に移動していたのに配属先が変わった事を知らなかった方、特にひどかったのは勤務先そのものを知らなかった方もおられました。

確かに夫婦間において冷えきってしまった関係から浮気に走り、浮気を察知した配偶者が離婚を優位に進める為に浮気調査を依頼されるケースもあります。ただ冷めてしまったとはいえ配偶者の勤務先を知らないという事実には驚かされてしまいました。

調査は勤務先を把握する事から始め、事なきをえましたが、中には営業職で取引先を回ってから夕方に勤務先に戻ったというケースもありました。

行動や様子のメモや日記を残しておく

愛情が冷めてしまったとはいえ、何気に日記やメモ程度でも結構ですから帰宅状況を控えておくと何かと役立ちます。

配偶者に対して毎日、帰宅した時間と様子を控えておくだけでもとても参考になることがあります。意外にも共通性が見えてくる場合もあります。例えば月曜日は深夜の帰宅が多いがお酒を飲んでいない様子であったなどです。

浮気するにも浮気相手が必要です。浮気相手の都合もあることを理解しておくと特定の曜日に浮気をしているケースもあります。

配偶者について浮気の懸念が芽生えたら浮気調査は必要ですが、依頼をする前にちょっと様子を観察しておくことも大事なことなのです。

結果、特定した曜日に調査を実施して貰おうと指定する事も可能になってきますので調査費用の軽減にもなります。

その他の調査でも似たようなケースが最近は増加しています。多分、現代は相手と簡単に携帯電話で連絡が取れるからなのでしょう。

婚約者の資産関係やご両親・兄弟の身上調査を依頼したいが婚約者の住所を知らないという方のご相談では、事前調査として所在調査から開始しなければなりませんでした。

金銭貸借問題において貸した相手と連絡が取れなくなったので所在調査の依頼をしたいが、知っているのは携帯番号以外にはニックネームや源氏名で本名を全く知らなかったという方もおられました。

情報が少ない為に調査不可能になるケースや本来の調査を開始する前に事前調査として別調査を要しなければならないケースもあり、その分、ご負担が増えてしまいます。

興信所に調査依頼される前には出来る限り、無理のない程度の情報を集めて頂くとご負担も軽減される事も多々あります。

また調査以前に身近な人や今後関係が深くなると思われる人については最低限の情報は把握しておく事をお勧め致します。

興信所の選び方のコツ

今まで浮気調査などを興信所に依頼した事がない方は、依頼しようと思ってもどこの興信所に相談するべきか悩んでしまうのではないでしょうか?

大きなトラブルもなく普通に生活していた方にとってそれは当然かと思います。

ただ、興信所を選ぶ上ではどんな方にも当てはまるコツがあるのです。

それは「ご自身にとって利用しやすい興信所」を選ぶということです。

何だ、そんなことか、と簡単なことのように聞こえるかもしれませんが、実際とてもシンプルなことです。

しかし、インターネットや街中の広告・看板等は一部の探偵社・興信所の宣伝が埋め尽くしており、それらの宣伝による露出に影響された方は思わずそちらに相談に行ってしまうのではないでしょうか。

興信所の選び方のコツは、それらの宣伝に影響されずにゼロから考えてみることです。

「都合の良さ」で選ぶ

まず、興信所に依頼する際は、相談室で担当者と面談をしたり、契約書の取り交わしをしたりしなければなりません。

また、調査の結果の報告を聞いたり、報告書を受け取りにいったりする必要も出てきます。

ということは、何度かご自身で興信所の所在地まで出向く必要があるのです。

誰しもご自身の生活がありますから、1週間のうちに興信所に訪問できる時間を考えればそれなりに限られていることでしょう。

もちろん、担当者と話し合いの上で会いやすい場所を設定することも可能ですが、自宅からあまりに遠い興信所に依頼するのは現実的ではないと言えます。

例えば、ご自身が東京に住んでいるとして、わざわざ横浜まで相談に行くのは面倒だとお思いになりませんか?

勤務先が東京にあり、自宅が神奈川の場合、仕事が終わった後に埼玉の興信所に向かうとしたら、方向が全く逆になりますよね。

つまり、ご自身の生活の活動範囲から離れすぎた興信所を選ぶと、時間のロスや手間が大きくなってしまうわけです。

もちろん、興信所に依頼する内容は秘匿性の高いものが多いですから、 家族や親族、知人など知られたくない相手に見られないような場所を選ぶことが重要なケースも多いでしょう。

そのような点も含めて「ご自身が利用しやすい興信所」、言い換えれば「ご自身の都合の良い興信所」を選ぶ、ということが、ご自身に適した興信所を探す上でのコツとなると思います。

このようにご自身なりの基準を設けることで、数多くの探偵・興信所から選択をすることが出来るのではないでしょうか。