浮気調査・不倫調査の費用・料金詳細|証拠収集なら信頼の興信所アーガスリサーチ 東京都公安委員会 探偵業届出済(第30070158号)

素行調査・不倫調査・興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 調査メニュー > 浮気調査・不倫調査

浮気調査・不倫調査

浮気調査・不倫調査はおまかせください。興信所アーガスリサーチ

浮気カップル

浮気調査とは、尾行・張り込みによって対象者の行動を調べ、浮気をしているかどうかを調べる調査です。

対象者が配偶者の場合は不倫調査とも言われ、「浮気の証拠を取ること」「浮気相手を調べること」が大きな目的となります。

ここでは御依頼者が浮気調査についておそらく気になるであろうポイントについて解説してみたいと思います。

 

浮気の証拠の重要性

夫もしくは妻が、自らの配偶者以外の人物と肉体関係を持ったとすると、その人物が独身・既婚いずれであってもそれは浮気・不倫であり、 法的にいわゆる「不貞行為」となります。

興信所や探偵における浮気調査(不倫調査)では、浮気を調べることにより不貞行為の証拠収集が行われます。

1.浮気の証拠を手に入れた場合

浮気・不倫の疑い

興信所や探偵に相談

浮気調査

証拠収集

話し合いによる解決もしくは法的措置

配偶者・不倫相手が否定

証拠があるため勝訴

○離婚・慰謝料請求等の選択

浮気の証拠を手に入れた場合、夫や妻、その不倫相手に対し、どのような手段を取るかの選択権や主導権を持つことが約束されたと言ってよい状況となります。

相手方がいくら否定しようとも、訴訟で勝てる証拠があれば関係ありません。

2.浮気の証拠がない場合

一方、(浮気調査による)証拠収集を行わなかった場合はどういう事態が想定されるでしょうか。

浮気・不倫の疑い

話し合いによる解決もしくは法的措置

配偶者・不倫相手が否定

証拠がないため敗訴

×離婚や慰謝料請求の選択

証拠がない状態ではひたすら相手の良心に期待するしかなく、弱い立場となります。

主導権を持つことができていないばかりか、浮気を疑っていることを配偶者に伝えているため、二度と主導権を持つことができない可能性が高い危機的状況です。

ここで配偶者や不倫相手が証拠など関係なく浮気を素直に認めて猛省し、心を入れ替えてくれれば良いのですが・・・。

証拠のないことを裁判で自ら認める人がいるのか

まだ表面上、夫婦で仲良く暮らしているなら、話し合いによる関係の修復の希望はあるかもしれません。

しかし、浮気の実態はそのような救いがあるものばかりでは決してないです。

・夫婦間で一言も会話がない

・子供を連れて家を出て行った

・連れて行ったまま子供に会わせてくれない

・子供を置いて家を出て行った

・別居して生活費や養育費を渡さない

・浮気相手を妊娠させた

・すでに不倫相手と一緒に暮らしている

・自分が不倫しているのに離婚を要求してくる

上記のようなひどい状況になっているものがかなりあります。

こうなると関係修復は望めず、浮気した配偶者も自分のことばかりが大事であり、もはや相手を思いやる気持ちなど持ち合わせていないのではないでしょうか。

仮に裁判になった時、そんな人物が証拠もない状況で全てを認めて損害賠償を払う可能性はないと言って差し支えないでしょう。

配偶者とその相手の浮気・不倫を「一時の過ち」として許すのかどうかは浮気された方が決めることですが、証拠を手にしなければそういったことの選択権や主導権を持てる可能性も極めて低いと言わざるを得ないのです。

 

浮気調査・不倫調査で手に入れる証拠について

浮気・不倫の証拠を手に入れる、つまり「不貞行為」の証拠を手に入れる必要があるのですが、そもそも不貞行為はどのように定義づけられているのでしょうか。

「不貞行為」とは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しない。

また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した「不貞行為」が必要とされる。

上記の定義を補足して説明しますと、配偶者を持つ者が配偶者以外の人物(現在は男女間とは限らない)と性交渉に至った場合に不貞行為となることになります。

どんなに親密な様子を確認しても、二人の間に性交渉があることを証明しなければ不貞行為にはなりません。

しかし、対象者の性交渉の現場をそのまま撮影することなど現実的にはほぼ不可能に近いです。

ですので、浮気・不倫調査では「状況的に性交渉があったと認められる証拠」を収集することになります。

状況的に性交渉があったと認められる証拠の例

・ラブホテルの利用

・シティホテルやビジネスホテルで二人での宿泊

・マンションやアパートで二人での宿泊

・旅館やリゾートマンションで二人での宿泊

「ラブホテルの利用」は浮気の証拠の代表的な例です。

ラブホテルは「性交渉」を目的として利用する施設なので、利用の事実があれば性交渉があったと裁判で認められるのです。

その他のケースでのポイントは「二人での宿泊」(もしくは「長時間の滞在」)となります。

これは「交際関係にある者同士は性交渉を行うのが自然である」との考え方に基づいており、 二人で同じ部屋に宿泊したり、長時間の滞在の事実がつかめれば浮気や不倫の証拠とすることが可能なわけですね。

証拠の形式

最も証拠能力が高いものは上記不貞現場の写真や動画です。

これらの撮影をご自身やご友人などに頼んで行おうとすると、失敗した上に発覚や警戒をされて証拠が取れなくなるリスクがあります。

※ご自身で浮気調査をされることのリスクはこちらのページをご覧下さい。

浮気相手について

不貞行為において慰謝料を請求できる対象は配偶者とその浮気相手です。

浮気相手に償いをしてもらう場合、慰謝料を払ってもらうのが一般的な方法となりますが、 相手を訴えたりその他の法的なコンタクトを取るためには相手方の身元(氏名・住所)を知る必要があります。

浮気調査では、調査中に配偶者と合流した浮気相手に尾行対象を切り替えて帰宅先を判明させることもできます。

※以下のページもご参考下さい。

 

調査ご依頼前の準備

御依頼の際には調査をする対象者についての情報をご提供頂きます。

事前にある程度情報を整理していただければご相談もされやすいかと思います。

1.調査対象者について

「氏名」「住所」「生年月日」「勤務先」という基本的なプロフィールの他、「身長・体重」や「風貌の特徴」、「移動手段」などの情報が必要です。

対象者の移動手段は調査準備をする上でかなり重要になりますので、 車やバイクを所有する対象者の場合は車種やナンバー・駐車位置の情報もご用意下さい。

2.顔写真

対象者の顔写真を数枚ご用意下さい。

基本的に浮気調査ではまず張り込みで対象者を特定してから尾行を行いますが、対象者を特定するためには原則として「顔写真」が必要になります。

風貌の違いがないようできるだけ最近の写真で顔がわかりやすいものが望ましいです。

写真自体がない場合でも可能なケースはありますので事前にご相談下さい。

3.調査希望日時

調査はご契約で行いますので、実施する日時を決めておく必要があります。

最終的に決定するのは御依頼者となりますので、希望日時候補をいくつかご準備ください。

ご相談案件を精査した上で相談担当者側から提案させていただくこともあります。

また、対象者の「調査当日の行動予定」がお分かりでしたら合わせてお伝えください。

4.調査開始場所、及び立地条件

浮気調査の場合、開始場所としては対象者の動きを確実に捉えられる場所がふさわしく、通常は自宅か勤務先となることが多いです。

「立地条件」は張り込みや人員配置を検討するために重要になります。

5.浮気相手

浮気相手についてお分かりの範囲の情報をご提供下さい。

案件によっては調査対象を浮気相手にした方が調査プラン的に良い場合があります。

 

料金・費用について

当社の浮気・不倫調査は「時間料金制」で行われます。

調査員1名(尾行)
時間帯 料金(1時間)
09:00~17:00 8,000円
06:00~09:00
17:00~23:00
10,000円
23:00~06:00 12,000円
土曜日 1,000円割増
日・祝日 2,000円割増

※費用や料金制につきましては下記ページ及び当社料金表もご参考下さい。

 

浮気調査・不倫調査の豆知識

配偶者が浮気・不倫をして家を出て行ってしまった。

浮気して出て行った上に生活費を払わないので困っている・・・。

このような時は「婚姻費用分担請求」という手続きができます。この婚姻費用分担請求は家庭裁判所に申し立てることができます。

全国の家庭裁判所一覧

また、別居・離婚後の「養育費」については、こちらで相談することが可能です。

養育費相談支援センター

※別居中の浮気については下記ページをご参考下さい。