意外な展開

調査の現場では「思惑に反する」展開に直面する。

調査を実施する探偵や調査員達の経験が問われる瞬間でもある。経験豊富なベテラン探偵ならば「顔色ひとつ変えず」余計な動き無く対処できるが未熟な調査員や探偵には「ぎこちなく不自然」な動きが目立ってしまう。思惑に反し意外な展開に発展する調査の場合に大切な心がけは「冷静な判断と広い視野」といえる。

臨機応変な対処を迅速に行う為には「広い視野」で状況の変化をいち早く察知しなければならない。

現場での調査能力が高い探偵はそうした状況変化や急な展開にも適応できる。簡単にいえば「仕事の懐が広い」ので危うい場面でのリカバー力が高い。

張り込み一つにしても同様の事がいえる。

長時間に渡る張り込みは「周囲の警戒心」に触れやすい。同じ場所で人が長時間滞在すれば誰しも「不信感」が芽生える。その気配を感じ取れない「経験値が低い」探偵はどんな調査現場でも「同じ失敗」を繰り返す。

御依頼を考えている方々に「充分な調査結果」を提供できるスキルの高い探偵や調査員は少数であるといえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)