夫が社内不倫をしているかも!?証拠を集める方法とは

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 調査員が語る > 夫が社内不倫をしているかも!?証拠を集める方法とは

夫が社内不倫
証拠を集める方法

男性の不倫相手の多くは仕事関係者だと言われています。同じ会社内の部下や上司など、毎日のように顔を合わせる女性とは親密度が高く、不倫関係に発展しやすいようです。

もし、自分の夫が社内不倫をしているかもしれないという場合、どのようにして真実を確かめるのが良いのでしょうか。

今回は、夫が社内不倫をしているときの証拠集めの方法についてご紹介していきます。

社内不倫

夫の社内不倫、証拠集めの方法5選

夫が社内不倫をしているかもしれないと疑っている場合、すぐに本人に問い詰めるのは得策ではありません。慰謝料をしっかりと請求するためにも、万が一離婚となったときに良い条件を提案するためにも、まずはしっかりと証拠集めをすることが大切です。

しかし、夫の社内での不倫となると、妻が会社に潜入するわけにもいきませんし、証拠が掴みにくいですよね。一致どのようにして証拠集めをしたらよいのかチェックしていきましょう。

1.スマホやPCをチェックする

夫がスマホやPCにパスワードをかけていない、もしくはパスワードを夫婦で共有しているという場合、こっそりとスマホやPCを覗き見るという方法があります。LINEのトーク履歴や通話履歴を確認して、不倫相手らしき人物とやりとりをしていないかを確認しましょう。現代の主な連絡ツールはLINEですが、もしかするとフェイスブックやInstagramなど、SNSを連絡手段として使っている可能性もあります。夫がSNSに登録しているという場合には、フェイスブックやInstagramなどのダイレクトメッセージも確認することをおすすめします。

もし不倫相手とのやりとりが確認できた場合、夫のスマホでスクリーンショットをして自分のスマホに送るという方法は得策ではありません。夫にバレやすいですし、証拠としての価値も下がってしまいます。可能であれば、対象の画面を自身のスマホカメラで撮影する方法を取りましょう。

2.夫の同僚に協力をしてもらう

夫の同僚と親交があるという場合、秘密裏に証拠集めに協力をしてもらうという方法もあります。社内不倫をしている当事者同士は周囲に隠しているつもりでも、周りから見ると怪しい雰囲気がバレバレということはよくあります。社内では妻の目が届かないからこそ、警戒心が弱まったり、疑似社内恋愛を楽しんだりしてしまうという人は多いのです。

もし、夫の同僚の協力を得られるというのなら掴める証拠の数が格段に増えます。「夫と不倫相手が同じ時間に退社した」「同じ日に出張を入れている」「同じ日に有休を取っている」など、社内にいるからこそ得られる情報がたくさんあるのです。家では「最近仕事が忙しくて残業が多くなる」と言っていたのに、同僚に確認したところ「いつも定時には帰宅しているよ」と教えてもらえるなどのケースもあります。

証拠集めに協力してくれそうな人物がいる場合は、早めにコンタクトを取って相談をしてみるのも1つの方法です。

3.GPSを使用する

「夫の出張は本当なのか」「定時に退社したあと、家に帰ってくるまでにどこによっているのか」「休日出勤は確かなのか」など、夫の行動について疑念を抱いている場合に有効なのがGPSです。最近ではネットで気軽に購入ができ、高性能のGPSをレンタルできるサービスも普及しています。一般の個人が特定の人物に対してGPSをつけることは容易いことになっているのです。

ひと口にGPSと言ってもいろいろな種類があります。鞄などの持ち物に仕掛けるコンパクトなもの、車のどこかに仕掛ける高性能なものなどいろいろです。夫が普段利用している交通手段に合わせてGPSの種類を選ぶのがポイントです。

GPSでの追跡が上手くいった場合、不倫相手といつも落ち合っているカフェやレストラン、ホテルなどの他、不倫相手の自宅まで突き止めることも可能です。

ただし、夫が慎重派であったり疑い深い性格であったりするとGPSを仕掛けていることがバレる可能性もあるため、リスクがあることはしっかりと心得ておくことが肝心です。

4.自分で尾行をする

不倫の浮気集めの方法で最もシンプルなのが、自身での尾行です。夫の退社時刻に合わせて会社前に張り込み、退社してきたところを追跡して動向を確かめるというものです。何時に会社を後にしてどこに行くのか、誰と会うのかなどを自分自身の目で確認できるため、真実を確かめるには最も適切なものと言えます。

しかし、自身の夫の不倫現場を実際に目撃するというのは精神的にひどく追い詰められるものです。不倫相手と楽しそうに会話をし、おいしい食事を食べ、仲良しそうにホテルに入っていくところを実際に見て、冷静でいられる人はほとんどいないと言っても良いでしょう。

さらに、万が一夫と不倫相手が予想外の移動手段を取った場合、尾行が失敗してしまうこともあります。途中まで上手くいっていたのに肝心な証拠を取れずに見失ってしまったとなればせっかくの努力が水の泡ですし心身へのダメージも多いはず。最悪の場合、尾行していることが夫と不倫相手にバレてしまう可能性もあります。自分自身で尾行をするのはとてもシンプルで分かりやすいものですが、ハイリスクハイリターンであることも意識しておきましょう。

5.興信所に依頼をする

夫の社内不倫を明らかにするために、最も有効といえるのが不倫調査のプロである興信所に依頼をするという方法です。不倫調査の経験が豊富な興信所の調査員であれば、調査対象者にバレることなく、そして証拠を取り損ねることなくスムーズに不倫の実態を明らかにすることができます。

社内不倫の調査の場合、張り込みと尾行がメインとなります。不倫をしている夫とその相手が密会するであろう日をあらかじめ予測して張り込みをすることで、最短かつ余分な費用をかけることなく調査をすることが可能です。なるべく早く証拠を手に入れたい、夫と不倫相手が言い訳もできないような確固たる証拠を入手したいという方にこそおすすめです。

また、会社勤めの男性が不倫を行うのは大方夜の時間帯が多いです。不倫現場を写真に収めようとして一般的なスマートフォンのカメラやデジカメなどで撮影をしても暗闇に紛れ、本人の顔がしっかりと写らなかったというケースは少なくありません。その点、不倫調査を得意とする興信所であれば、証拠を獲得するためのプロ用機材が一通りそろっています。暗闇の中でもしっかりと撮影ができるカメラを経験豊富な調査員が扱うため、暗くて顔が判別できない、せっかくの写真がブレてしまったというミスを回避できます。

さらに、興信所に不倫調査を依頼すれば、証拠の写真だけでなく尾行の報告書も手に入れることができます。プロの調査員が作成した調査報告書は、調査対象差の細かな行動履歴がしっかりと記入されています。不倫の証拠の1つになるため、夫とその不倫相手に話をつけるときには大いに役立つことでしょう。

社内不倫

夫が社内不倫をしているかもしれない…と不安になりながら毎晩帰りを待つのは精神的にも肉体的にも負担が大きいものです。いち早く現状から脱却したいという方は、プロの興信所にご相談されることをおすすめします。

アーガスリサーチは創業40年を誇る老舗の興信所です。これまでたくさんの不倫調査を扱い、多くのお客様にご支持をいただいております。無料相談もご用意しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。