探偵とは|探偵事務所で働く探偵たちの実態 信頼の興信所アーガスリサーチ 東京都公安委員会 探偵業届出済(第30070158号)

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 調査員が語る > 探偵とは

探偵の定義や資格、現実の探偵たち

探偵という職業の実態

探偵イメージ

「探偵ってどんな職業なの?」「どんな仕事をするの?」

これは現実の探偵を知らない方にしてみれば、ふと思ってしまう疑問の一つかもしれません。

「ドラマや小説では昔からよく見るけど・・・?」というのが率直な感想ではないでしょうか。

実際に自分が探偵事務所で働いていることを自己紹介した場合、どんな仕事をしているのかを聞かれてしまうことも多いです。

ネットで調べれば色々情報が出てきますが、中にはおそらく探偵ではない人、探偵の仕事をしたことがない人が書いているケースも見られます。

ここでは、探偵に何となく興味がある人、探偵として働いてみたい人、もちろん探偵に調査を依頼したい方へも向けて、現実の探偵の実態について書いてみたいと思います。

探偵業の定義

探偵とは何か?どんな仕事をするのか?を語る上で、まず探偵業の定義を確認する必要があります。

これは「探偵業法」という法律に記載されています。

第二条(定義)
他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務を行う営業をいう。

実地の調査とは、調査員が実働し、現地にて実際に尾行・張り込み・聞き込み等を行う調査のことです。

この条件を満たしていない場合は探偵業務とはなりません。

わかりやすく言うと「依頼者の依頼を受けて、尾行・張り込み・聞き込み等を用いた調査を行い、その結果を依頼者に報告する」のが探偵業です。

この探偵業を営むのが探偵事務所もしくは興信所、そこで働く人たちが探偵ということになります。

探偵の資格・届出について

現在のところ、探偵になるための必須の資格はありません。

但し、個人・法人に関わらず、探偵事務所を経営するには上記の探偵業法により管轄の警察署(正確には都道府県公安委員会)に届出が必要となります。

無届け営業や欠格事由のある人が代表者となると探偵業法違反となり罰則があります。

別の言い方をすれば、無届け営業者や欠格事由のある人は探偵になる資格がないとも言えますね。

※探偵業法違反の詳細については以下の記事をご参考下さい。

探偵を名乗る詐欺

一時期「探偵事務所」を名乗り、身辺調査等をする旨の脅し通知を送り付けてお金を払わせる詐欺や、詐欺被害者に債権回収の営業をかけて二次被害に遭わせる詐欺が起こっていました。

一見、探偵が詐欺を行ったように見えますが、これらを行ったのは実際に探偵業届出を出している業者ではなく、実在するような探偵事務所を名乗っただけの詐欺業者です。

警察に届出を出した探偵が実際にこんな詐欺をやるとすぐに足が付いてしまいます。

現実の探偵たちの実態

相談者の相談を聞く

相談への回答や調査提案をする

相談者と調査契約を締結する

調査を行う

依頼者に調査結果を報告する

上記の一連の流れが探偵の最も重要な業務となります。

もちろんこれらに加えて普段から発生する事務作業や雑用もあります。

探偵事務所の経営としては、これに宣伝活動、雇用など通常の企業経営が加わることになります。

探偵は様々

一口に探偵といっても、探偵事務所や興信所によって役割分担がされている場合もあります。

経営者がいるのは当然として、依頼者との相談担当を行う相談員、尾行や調査現場を担当する調査員などです。

場合によっては、契約業務だけを担当する人、依頼者と現場調査員の間での連絡担当だけをする人、 もっと細かく言えば、バイクや車両尾行のみを専門とする調査員、現場で張り込み用の車を回すだけの調査員、撮影だけを担当する調査員などもいるようです。

探偵の中にはプライドが高い人も多いようで「○○をしない、できない奴は探偵を名乗る資格はない」と言う人もいます。

しかし、現場調査経験があり、依頼者の相談にも対応できる、探偵という業務を知っている人を「探偵ではない」ということはできません。

また、実際に探偵事務所で働いてお金をもらっている以上は、プロ意識が必要という意味でみなプロの探偵です。

小規模の探偵事務所ほど所属する探偵の数が少なく、自ずと担当する業務も多くなると考えられます。

個人探偵なら全ての業務を一人でやることになります。

他社からの依頼を受ける調査下請け業務中心の探偵もいます。

探偵調査の種類

  • ・浮気調査
  • ・素行調査
  • ・勤務先調査
  • ・所在調査
  • ・家出、行方調査、人探し
  • ・結婚調査
  • ・身辺調査
  • ・企業信用調査
  • ・盗聴器発見調査
  • ・その他トラブルに関する調査 等
  • やはり尾行・張り込みを行う素行調査が探偵の代表的な調査であり、配偶者や交際相手の浮気を調べる浮気調査が業界で最もニーズのある調査となっています。

    勤務先を調べる調査や居所を突きとめる所在調査でも探偵の尾行が用いられます。

    その他に身辺調査や信用調査など聞き込みを行う調査、情報収集系の調査、トラブル解決のための証拠収集調査も行われます。

    人探しや盗聴器発見調査も以前からの定番調査の一つと言えますね。

    探偵には特別な権限がありませんので調査に制限はありますが、何かトラブルやお悩みがあれば何でも相談してみて下さい。

    探偵の調査料金

    探偵は依頼者との料金トラブルが多いと言われており、他にも高額等のイメージがあると思われます。

    探偵に依頼をしたいという方からすると、ホームページに料金についてちゃんと説明されていた方が安心できるはずです。

    一般的な料金システムの詳細については下記ページにて解説しています。

    料金システムの詳細を知っていただくことで不必要なトラブルを回避したり、少しでも悪いイメージの払拭につながることができれば幸いです。

    ※探偵については以下のページもご参考ください。