妻の浮気調査は信頼の興信所アーガスリサーチ 東京都公安委員会 探偵業届出済(第30070158号)

妻の浮気調査・興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 調査メニュー > 妻の浮気調査

妻の浮気調査

浮気調査はおまかせください。興信所アーガスリサーチ

妻の浮気イメージ

妻の浮気調査事例

東京都Aさんの場合

妻が浮気をしているかもしれない・・・

「妻が浮気をしているかもしれない。素行調査をお願いしたい。」と、東京都在住のAさんから当興信所は相談を受けた。

Aさんは妻と結婚して東京に暮らし5年目の夫婦。今までに特に揉め事などはなく、仲睦まじい夫婦だったと言う。

しかし3ヶ月前から妻がパートを始め、そこから妻の様子がおかしくなってきたので浮気をしているのではないかと感じたらしい。

特に最近、妻は週末になるとパート先の飲み会と言って夜に出ていき、そのまま帰ってこない日が続いたりしているので、浮気調査をしてほしいという依頼だ。

今回はパート先の人との浮気が考えられ、妻が週末という限られた時間に出かける事がわかっていたので、翌々週の週末に当探偵社スタッフが妻を尾行する事となった。

依頼者への浮気調査の報告

浮気相手との証拠写真を依頼者に見せると、パート先の店長という事がわかった。店長は妻子持ちということなので、ダブル不倫ということになる。

最初は妻が浮気していたことに動揺をしていたようだが、離婚をすることに腹を決めたようだ。

浮気調査の場合だと、報告の際に取り乱す人が多く、そのまま怒りに任せて行動に移す人も少なくないので慎重に調査の報告をしていたが、今回の依頼者の場合だと怒りよりも落胆の方が大きいようだ。

結果、妻の浮気(不貞行為)が原因で離婚調停を申し込むという事なので、少しでも依頼者の助けになればと浮気の証拠資料をできる限り詳細に作成した。

その証拠資料を元に弁護士に相談するという。今回の場合だと問題なく依頼者の方が有利な状態で離婚することができるだろう。

妻の浮気に関する兆候

共に暮らしているパートナー(妻)に目立つ変化が起こった時は要注意です。

  • 急に外出が多くなる
  • 仕事からの帰宅時間が遅くなる 等

主婦の妻の外出時間が多くなるのは、浮気相手と会う時間を作っている可能性が考えられます。

また、現代は共働きも多く、働くこと自体は決して悪いことではありませんが、妻の勤務状況を把握していない場合は仕事を理由に相手と会って浮気する時間も作られやすいということでもあります。

  • 性行為を拒絶し始める、セックスレスになる
  • 結婚指輪を外していることがある
  • 会話がなくなる 等

妻が夫から距離を取るような行為は、すでに夫から他の男性に気持ちが移っている(浮気している)可能性があります。

  • 携帯(スマホ)を気にしている時間が長くなる
  • 携帯を見せないようにする 等

近年の浮気に欠かせないツールと言えば携帯電話(スマホ)です。

夫婦の間柄でありながら妻が中身を隠したり、こそこそ通話やメールをしているのはやはり不自然です。SNSやLINEなどを使用している場合もあります。

隠したい気持ちや何らかの後ろめたさ(つまり浮気)があるからこその行動である可能性は高いと言えます。

  • 急に服装や下着の趣味が変わったり派手になったり露出の多い服装になる
  • 香水を付け始めたり、メイクが変わる 等

妻が浮気相手の男性に会うときは、妻であることより女であることを優先したくなるはずです。そして多くの場合、浮気相手を男もしくは交際相手として見ているはずです。

「男性からは女として意識されたい」という心理がファッションなど外見に現れやすくなっているのではないでしょうか。それが夫に向けたものであればいいのですが…

  • 夫婦生活を見つめなおしたいなどと理由をつけて家を出る

その通りの場合もありますが、妻が浮気している場合は相手の男性と会いやすくするためであるのが本当の理由のはずです。

実家に戻ったり、新たに部屋を借りているケースがありますが、すでに相手男性と浮気の末に同棲を始めている可能性もあります。

浮気の証拠取得のために

当興信所の調査において、やはり代表的なものは夫や妻の「浮気調査」になります。

妻に浮気の疑いを持った段階でご相談に来られる方、何らかの状況証拠により妻の浮気をほぼ確信した段階でご相談に来られる方、妻が浮気をしているのが間違いない段階でご相談に来られる方、と様々です。

妻に浮気されても無条件で許すという方には探偵の調査や証拠は必要ないかとも思いますが、妻の浮気調査をお望みであれば当興信所の経験上、対象者がまだ浮気を気付かれていないと思っている段階で調査を行うと最も効率よく証拠が得られやすいと言えます。

浮気を気付かれていないと思っている段階とは、妻を怪しいと感じたり、心当たりや不審点があったとしても、妻に浮気しているかどうか問い詰めたり何らかの探りを入れることを自重している段階と言ってもいいかもしれません。

ただ、妻の浮気に確信が持てるまでは調査を頼むのは避けたいというのも一つの考え方でありますし、その他さまざまな事情もおありでしょう。

しかし、浮気する妻が真っ先に警戒するのは基本的に自らの配偶者(夫)であることは間違いないのです。パートナー(妻)に探りを入れれば入れるほど、妻も気付かれるのではないかと警戒し始める可能性が高くなります。

だからと言って、今まで会っていた浮気相手と会うのをやめたりはしなかったりします。より浮気の形跡を残さないよう慎重に行動し始めるかもしれません。

妻が浮気相手と会う機会を減らしたために証拠収集の機会も限られてしまうなどということも考えられます。

その結果、夫婦関係はより悪い方向に向かい、妻の浮気に悩まされる上に証拠取得が非常に困難という状況になりかねないのです。

証拠というものは問題解決の糸口になります。

探偵・興信所による浮気の証拠を必要とされる方には一度お早めに妻の浮気調査のご相談をされることをおすすめいたします。

初めてご相談・ご依頼される方へ

妻の浮気調査のご相談は、お電話(0120-132-417)もしくはお問い合わせフォームにてお受けしております。

事前にご用意いただくもの

調査対象者(妻)に関する情報・資料を面談前にご用意下さい。

  • 妻の氏名・住所・勤務先など基本情報
  • 妻の顔写真
  • 移動手段、開始場所などのその他の妻の情報

料金・費用について

当社の浮気調査はわかりやすい「時間料金制」+安心の「後払い制」となります。

当興信所の調査料金表はこちら

※経費や費用・料金制の詳細につきましては下記ページもご参考下さい。

当興信所は貴方の代わりとなりお調べいたします。

当興信所にご相談される方は、妻の浮気を誰にも相談できない、もしくは相談できる人はいるが状況が良くならない、自分だけではどうにもできない、などとお悩みの末にご相談される方も多いです。

妻の浮気を悩んで耐えているうちに、どんどん状況が悪化してしまってはいないでしょうか?

妻を調べるということや探偵・興信所への相談自体に引け目や後ろめたさを感じることがあるかもしれません。しかし、あなたとパートナー(妻)の間に何があったとしても、パートナー(妻)が夫婦間の貞操義務に違反し、不倫相手が貴方を傷付けていることが法的に許されているわけではないのです。

貴方は自らを守るために正当な行為を行う権利があります。そのために当興信所アーガスリサーチがお役に立てれば幸いです。ご相談の段階から秘密はお守り致します。

調査終了後には離婚訴訟や慰謝料請求などについて弁護士を無料でご紹介することが可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。

顧問弁護士紹介