「疑わしき」は迷いなく

 信用調査の依頼は「疑念」から始まる。

「条件が良すぎる取引」や「新しいビジネス」に関しては特に注意が必要なことは改めて言うまでもありません。疑わしきはお断りする事が世間一般の常識でしょう。

しかし、長く続く不況下で商売を続ける苦労や心労に負けて判断を誤る方を理解できない訳でもないのです。出来ることなら「窮地を救いたい」と依頼を受けた調査人達は強く思うのです。

 「悪いことは続く」ネガティブな発想に思われがちですが、実際の社会の仕組みから考えれば「弱者にピッタリ」あてはまる発想なのです。心の余裕を取り戻すために必要な「信用調査」はあなたの心強い鎧になってくれることでしょう。