過去の浮気調査

ご相談者の中に「過去の浮気調査」をご希望してくる方がごくまれにお見えになります。

よくあるパターンとして

「カード明細書を確認したら先々月の何日に○○ホテルを利用していたのがわかったので状況実態を調べて欲しい。」

「財布の中にあった領収書を見たら3日前にレストランで2人で食事をしていたので誰と食事をしていたのか調べて欲しい。」

などなど。

前述のホテル等の利用・宿泊に関しては、現在はほぼ調査不可能です。

まずホテル側の協力が一切得られなくなっています。

これは個人情報保護法によって守秘義務が徹底されていることにより、たとえ身内や配偶者が行ってもお客様についての事は教えて貰えません。

ホテル側の信用問題に発展してしまうためで民間調査会社も同様です。

以前、観光旅館などでは仲居さんなどにお礼金を包み情報を得られた過去もありましたが、裁判での出廷証言まではなかなか得ることはできないのが現状です。

最近は社員教育も徹底しており、ホテル同様に難しくなってきています。

飲食店などの件では、現在でも多少のお礼金を包んだり、客を装うことをしなくても協力してくれるお店はあることはあるのですが、どのような人物と一緒に来てどのような雰囲気であったか程度の情報を得られたとしても、浮気調査としての最大の目的である浮気の証拠としては不十分です。

仮に異性とどんなに親しく飲食をしていたとしても、不貞行為の定義では二人に性行為があったことが推認されなければならず、飲食という行為それだけでは不貞行為として認められることはまずないからです。

今現在で進行中の状況を尾行によって確認していき、写真や映像など言い逃れがきかない決定的な証拠を手に入れる、というのが浮気調査の一般的なあり方となります。

民事訴訟で相手方を訴えた場合、裁判所から通知をしてもらい任意でホテルや旅館等に宿泊記録等を開示してもらうことは可能ですが、訴訟上の手続きであるので証拠もろくにない状況で相手方を訴えることは危険と言えます。

ですので、浮気が続いているのであれば、困難な過去の細部を調べるよりも現在進行中の出来事を尾行によって調べることをお勧めいたします。

恋愛の嘘

恋愛で「自分を良く思われたい」との感情から発生する嘘は、後々大きな罪となります。

男女性別に関係なく、嘘は相手を大きく苦しめる原因となります。

異性トラブルがこじれにこじれた場合に良く耳にする「あなたはこう言ったから信じていたのに!」や「君の言葉を信じた僕がバカだった!」などの表現に行き着きます。

このような状況を生み出す元凶が虚言癖であったり、自身に都合の良い嘘です。

恋愛相手の調査を行うと、御依頼者からの情報と実際の職業や生活環境が異なる事実が発覚する場合があります。

恋愛相手が依頼者と恋愛するために「多くの嘘」をついていたという事実。

多くの嘘をついてしまった人物には多くのつじつま合わせが必要となります。

交際相手に疑念を持たれることは必然であり、虚言が多く誠実でない人物であると結論に達する迄には多くの時間は必要になりません。

このような嘘の多い人物の真の姿を知る手段として有効な調査方法が、素行調査や身辺調査による事実確認です。

交際相手の「職業」「家族関係」「実生活」「異性交遊」などに嘘がないか?

このような疑いをお持ちの方による調査依頼が数多く手掛けられています。

素行調査と内偵による側面調査により、調査対象者に知られる事無く恋愛相手の本当の姿が明らかになります。

探偵は事実を依頼人に報告、交際相手の虚言や都合の良い嘘は暴かれることとなり、嘘で固められた偽りの人物が卑怯にも騙して始まった交際は破局を迎えます。

口数の多い人物は信用できない傾向にあると世間的には思われています。

余計な言葉を口にする人物は「自身に都合の悪いことを隠す為に口数が多くなる」ものであり、男女の恋愛や不倫関係においても信用できない異性の代表的な特徴と言えます。

都合の良い嘘ばかり口にする人物なのに相手を信用しきって離婚、家庭を捨てる状況まで追い込まれてしまうケースも存在します。

浮気相手の都合の良い嘘に騙され続け、家庭や子供など全てをなげうって飛び込んだ先が嘘で固められた現実。

もし、このような口数が多く嘘を平然と言葉に出す人物に騙されて浮気をしてしまったならば最悪の結末となるかもしれません。

幸せと欲求、そして浮気や不倫

現代社会において幸せな日常生活に欠かせない条件と言えば、経済的に満たされていることの他、「精神的にも満たされている」ことがまず挙げられるかと思います。

そして、精神的に満たされない日常を送っているという人がおこなうべきことは「今の身近な人たちをより知ること」ではないでしょうか。

家族や親類、友人・仕事上の知人、そして恋人や結婚相手などの人物達を少しでも深く知り、お互いを深く理解しあう状況に到達すれば、結果的に精神的に満たされた日常生活を得ることとなるでしょう。

深い信頼関係は「お金には換えられないモノ」であり、どのような人物であっても「信頼できる人」が存在しなければ幸せな日常生活は得られず、孤独な日常生活の領域で人生を送ることにしかなりません。

例えば、結婚して子供を持ち家庭を築いても、パートナーや子供達の上辺だけしか見えていない日常生活を送ってしまうと身近な人物の本質を知らない家族関係となってしまい、些細なトラブルや問題で家庭が大きく揺らぐ状況となってしまいます。

探偵である私たちが関わる「浮気に関わる相談」はこのようなトラブルや問題の最たるケースの一つと言えるでしょう。

満たされない欲求のはけ口を浮気や不倫に見いだす人は少なくなく、自身をより想ってくれる誰かに気持ちが傾き、家庭を顧みない状況に陥ってしまいます。

「自身にとっての幸せとは何か?」を勘違いし、浮気や不倫に幸せが存在していると考えて行動してしまうのです。

確かに恋愛は一時的な快楽や満たされた時間を与えてくれるものではあります。

しかし、浮気の熱が冷め「浮気や不倫と引き換えに失うモノ」を理解した時、多くの人は浮気や不倫を後悔し、過ちに気づくことになるはずです。

本来の幸せな日常生活は、決して浮気や不倫から得られるものではないと思います。

罪悪感をもって家族との日常生活を送らなければならないことや、一生消すことのできない自分の淫らな行為を背負って生きる今後の人生。

誰にでも「満たされない欲求や幸せ」はあることでしょう。

しかし、その欲求が満たされる事が幸せだと勘違いする考え方は危険です。

欲求が満たされる事と幸せを実感する事は「別物」であり、いくつになっても欲求は消えることなく尽きることもありません。

妻の恋人

「妻の恋人」もしくは「妻の恋愛」という言葉に違和感を覚える方は多数いらっしゃることでしょう。

当然のことながら「妻」は既婚者で、配偶者である夫が存在します。

ならば、恋人の定義は何かが重要なポイントとなってきます。

恋人の定義はある意味、回答が難しい深い題材です。

心の疎通が恋人の定義と考えれば、互いに思いを寄せる男女は肉体関係に関係なく浮気が立証されることとなってしまうかもしれません。

ここで大きな問題となるのが浮気の境界線なわけですが、「毎日、相手と24時間中10時間メールやライン、電話などでやりとりをしている奥さんは浮気していると言えるか?」を考えてみましょう。

10時間という長時間ですと勤務から帰宅後の御主人も奥様が恋人とのメールのやり取りをしている現場に居合わせているはずです。

もし、あなたの妻が専業主婦で家に居る間中、大好きな異性と10時間もメールや電話をすることを日課としている日常を送っているとしたら、どう思いますか?

既婚女性である「妻の恋人」との言葉は、このような場合には表現としてピッタリあてはまっているように感じます。

家庭を壊さなければ「妻の恋愛に対して寛大な御主人」というスタンスも、もしかしたら現代社会では通用するかもしれません。

しかし、お子さんがいらっしゃる家庭において、このような状況下のご夫婦は「異質」としか言いようがありません。

子供の前で御主人以外の男性とスマホで長時間メールをする母親・・・。

そんな母親を見て育つ子供の常識や恋愛観に関わる観点から考えれば、「あってはならない環境」と言えるのではないでしょうか?

あなたの隣に座る不安そうなお子さんの顔。

おそらく、かまってほしかったり、お腹が空腹になってあなたの顔を見つめているのではありません。

「誰とスマホでやりとりしているのか・・・?」

いつの時代も親が思っているほど子供は幼くないのです。

このような状況が現実に存在している現代社会は病んでいるのかもしれません。

夫婦お互いの無関心にも程がある。

家庭内に御主人以外の異性との時間を持ち込むなど言語道断。

しかし、SNSを頻繁に利用する現代人が当たり前にこのような状況を黙認しつつあることも「紛れもない現実」として受け止める必要があるのかもしれません。

浮気と夫婦の危機

長年夫婦をしていると夫婦の危機に何度か出くわすことは誰でもあります。

結婚して最初は気づかなかった相手の色々な面がたまらなく我慢できずに相手を受け入れることができなくなったり、考え方の相違で喧嘩が絶えないご夫婦もいます。

また、浮気を繰り返す夫を信じることが困難になり、浮気を許せずにいる奥様がいます。

離婚も視野に悩み苦しんで結果を出せない方。

たいていは、その原因はお子さんの問題です。子供のために我慢している妻はたくさんいます。子供が成人するまでは、じっと耐えているのです。

家事や子育てに関心を示さず、自分の事ばかりで何も協力してくれない夫に嫌気がさし、ストレスを抱える妻。

仕事が忙しく、家庭に安らぎを求めても仕事の問題を理解しようとしない妻に腹立たしくなりイライラをぶつけてくる夫。

それぞれ、相手が理解し変わってくれれば、夫婦関係を修復できると最初は考えます。

当興信所にご相談に来られる方々も、まず口火を切る言葉は相手の不満なのです。

夫さえ(妻さえ)変わってくれれば・・・・

浮気をするなんて問答無用!

浮気や夫婦の悩みは大きなミゾへと繋がります。

深刻な夫婦危機にならないために

長い年夫婦を続けていると、夫や妻の気持ちを逆なでせず、お互いに上手く付き合う事が円満の秘訣かもしれません。

夫婦で意見が合わない時、イライラします。お互いに自分の意見を引きません。そんなとき賢明な人は、相手の意見に合わせるのです。

円満夫婦の場合は、事の実権は夫が握っていても妻に決定する権利を与え、事実上妻に権限があるかのように上手く操る賢明な夫がいます。

なので、妻を尊重しているようにすることで、妻は気分が良く、気持ちも穏やかです。つまり、妻に任せてあるという自信を与えるのです。

妻も同じように男は自分が立てられていると気分がいいのです。心の中では、???と思うことが多少あっても一生この人と人生を共にしようと思うのであれば、賢明な女性であってください。

お互いに相手を尊重していれば、自然と円満な家庭生活が営まれます。相手の浮気の原因はお互いの人間関係がぎくしゃくして崩れてしまったからなのです。

家庭円満が一番です。しかし、どうしても我慢できない状況と、浮気や不倫問題でお悩みでしたら、当興信所にご相談ください。

実体験と豊富な経験知識でお話をお伺い致します。