重大なトラブルに発展する前に解決する

昨今、世間でよく耳にする「勝ち組」「負け組」という表現をご存知の方も多いのではないでしょうか?

一般的な解釈を簡単にご説明すると、

「人生において、自身の日常生活や価値観が理想を超えているか否か?」

という意味にとらえる方が多いようです。

他人より裕福で優位な立場を「勝ち組」と考えるならば、それ以下の生活や収入・待遇で日常生活を送る人物全てが「負け組」と誤った解釈をなされてしまいます。

この意味合いを間違った方向に捕らえている方は、トラブルやいざこざが絶えないと話に聞きます。

当人の人生観や価値観が基準にあることを無視した考え方をする問題人物は、常に「問題発言や問題行動」を引き起こし、周囲の人物との確執を生み出す傾向があります。

興信所が御相談を承る日常生活のトラブルや会社内でのトラブル、そして恋愛相手に関してのトラブルなどは、こうした「ご自身の価値観のギャップ」がトリガーになっているケースも多いです。

そもそも、日常生活において接点を持つ人物が全て同等のわけは無く、それぞれの生活環境には違いが存在して当然と考えるべきでしょう。

その点がおもしろおかしく日常会話のネタにされ、悪質な日常会話がエスカレートする「学校」「会社」「バイト先」「ママ友」「ご近所つきあい」等複数の人物と接点を持つ環境下では、このようなトラブルが日常的に起こり得ます。

トラブルという一言で表現していますが、事はさらに重大な問題に発展することもあります。

多勢に無勢な状況下で精神的に追い込まれた人物は、とても弱い存在となってしまうものであり、自身を守って応援してくれる存在無く、孤独な状況で多くの人物に向き合うことは困難きわまりない状況と言えます。

「弱いからつけ込まれる!」などの一昔前の考え方は現代では通用しません。

平穏な日常を取り戻すために、私たち興信所の調査がお役に立てることがあるかもしれません。

パートナーの真実と浮気調査

浮気を黙認する事情

浮気を見て見ぬふりが出来る方は「何らかの事情」を抱えている場合が多いと言えるでしょう。

結婚相手であるパートナーに負い目があったり、現在までの結婚生活において申し訳ない過ちを犯してしまった等は考えられる原因と言えるのです。

理由はどうあれ「浮気や不倫を黙認し状況を把握しない」ことはお勧めできません。

ご自身を取り巻く環境を知り、「今後の自身にどのような展開が想定できるか?」は探偵の浮気調査等を利用して確認するべきと言えるのです。

過去のご自身が原因で「パートナーが浮気しても仕方ない」とお考えになることは仕方ないにしても「過去の過ちを悔いている」ならば「パートナーの浮気は嫌」という感情になることでしょう。

パートナーの真意を知ることを目的に浮気調査を実施することは無意味ではないと探偵は考えるのです。

浮気願望が変化する時

浮気願望をお持ちの方は日常生活に満足していない部分をお持ちの方とも言えます。

パートナーであるご主人や奥様に魅力を感じない方は特に「浮気願望を持ってしまう傾向が強く」現れるのです。

現実の浮気に走らないまでも韓流スターやアイドル・俳優に熱を上げる奥様は多く存在していると言えます。

ご主人に関しても「行きつけの酒場にお気に入りの女性が存在」するケースは少なくないでしょう。

現実的に浮気願望は自身に持っている欲求の解消先が存在し「浮気をしない方向性を保つ」生活を実践していると言えるのです。

矛先が間違った人物はどうなるか?

高確率で浮気を実行してしまう可能性があると言えるでしょう。

浮気に走らないまでも悪い解消先に浪費してしまったりというお話は頻繁に耳にすることが出来るのです。

浮気願望が浮気をしてしまう行動に変化する原因は「日常生活で抑圧されている部分との関係性」が否定できないといえます。

毎日、仕事に出かけストレスをもって生活している御主人が家庭に帰っても家族からストレスを感じるような状況に身を置いたならば「抑圧された欲求に変化が生じる」ことは十分考えられるのです。

奥さまに関しても同様のことは言え、家族全員からストレスを感じて生活していたならば外にストレス以外のモノを求める可能性が高くなるのです。

浮気願望が浮気に移行する原因を突き詰めると「日常生活や社会生活」からの影響を抜きに考えられないことが認識できるのです。

浮気をする人物は○○が出来ない

浮気をする人物は「現状に満足できない感情」を少なからずもって生活しているものです。

そんな人物の中には「幼いころより我慢が出来ない人物」も存在します。

日常生活で辛抱や我慢が出来ない人物には「多くの不都合や常識の欠如」が発生し周囲との調和を崩す原因にもなります。

身近な例でご説明すると「マナーが無い人物にこのような傾向が強く表れ」日常的におかしな行動を目にする機会があります。

幼いころより我慢を知らない人物が持つ常識は「独自の常識」が多く周囲の人物を驚かせることが少なくありません。

基本的に「すべての基準が自分にある」ためこのような発想で判断基準をもってしまうと言えるのです。

部屋の掃除一つにしても「自身の判断基準と他人の判断基準は同一と思い込んでしまっている」のです。

他人がどう見てもちらかっていると判断する部屋を「自分の基準でキレイ」と決めつけるのです。

このような判断基準がすべての言動の中に存在するため「常識外れな線引き」をされる存在になってしまうのです。

浮気をする人物の多くにも「自身の判断基準で我慢が出来ない」ことから浮気をする流れが確認できます。

近年では浮気が原因で「結婚に失敗」し自身が「結婚不適合者であると」言葉にする人物が目立ちますが、基本的には上記の要素が強いかどうか?が大きな要因となっていると考えられるのです。

花粉症に新たな定説

 最高気温が20度前後にたっする今日この頃、すっかり桜は花びらを落とし卒業・入学のシーズンを終えた感がある。早いもので年齢が40代半ばを迎える著者であるが「幾度となく目にしてきた春の光景」は年齢に関係なく五感を刺激するささやかな感動を与えてくれ人生を豊にしてくれる。

話は変わるが重い花粉症で季節を感じる日本人が4人に1人との話を耳にした。

スギを植えすぎた結果「花粉症が増加」したと思っている方が多いと思うが実際のところは違うという調査結果が発表された。

花粉症の原因はスギ花粉と車から排出されるガスの因果関係が濃厚であり、「車輌の交通量が少なくスギが多い地域」での花粉症患者の数と「車輌の交通量が多くスギが少ない地域」とを比較した場合に「花粉症患者の割合」がスギの数とは比例しない現状にあることが解ったのです。

花粉症が一日も早く改善される事を願う患者の皆さんには新たな常識はうれしいニュースであり花粉症が改善されるための近道であることでしょう。花粉症のメカニズム解明に大きな進歩が得られるのではないかと期待する声が高まっています。

調査で危険な偏った考え

個人差は存在するが「物事に対する柔軟な考え方」は年齢と共に出来なくなる傾向が強い。自身の過去の経験や考え方に強い自信を持っている人物ほど柔軟な考え方は出来ないといえる。

探偵は依頼人のニーズに対して「柔軟な姿勢」を常に保って接して行かなければならない職業である。

探偵が御依頼者の「求める調査」を充分に理解し、最適な調査方法を選択し実施されなければ理想的な図式とはならないだろう。調査を受件し実施する過程で「何らかの変更」が必要になる場合も充分に考えられるのである。

このような調査の必要性に応じた変更は「柔軟性」が最も必要になる場面と言えるだろう。

御依頼者の意向を理解していない仕事は無意味である。

多くの無駄が発生し「時間と労力」が無意味に費やされることになる。このような調査は「依頼人の意向」を十分理解していない状況下で発生し、探偵自身の評価を下げる状況に陥る最たる原因である。

一般的に仕事上求められる「ほうれんそう」(報告・連絡・相談)一連の業務が基本的な仕事に反映されていれば何の問題もないと言える。

探偵の偏った考えによる無駄についてお話したが、時として「依頼人の思いこみ」による偏った調査も存在する。

多くの依頼人は「問題を想定し依頼」する事が常識であり、依頼に関わる「情報をもとに調査結果」を欲するのである。このような考え方が基になり探偵が調査を実施したならば殆どの案件は「トラブル」となる。

トラブルとなる一番大きな原因は「依頼人の想定」が外れることである。

探偵が依頼人の「想定を基にした考えによる調査」を実施したならば「偏った思いこみの要素」が調査の基盤になり「現実的な無駄のない調査」とはほど遠い図式で調査が実施され進行してゆく。途中経過を基に探偵が調査手法の修正を提案することも可能だが、探偵が「依頼者の意向だから!」と安易に調査を最後まで進行してしまったならば「待ち受けているものはトラブル」である。

依頼人は「このような結果は無意味だ!」と主張し、探偵は「御依頼者の意向通りの調査を実施した結果!」と双方の主張は平行線をたどることとなる。このような状況は探偵が自ら想定し避けて通らなければならないと著者は考え実行している。

御依頼の際に「調査を実施するにあたり想定されるリスク」を必ずご説明するのである。

リスク説明は他業種で表現すれば「医療現場などでは一般的」と言えるだろう。医師から事前説明のない手術は危険で実施できない事だろう時間を設けて家族や患者に納得してもらい手術を実施している。

探偵自身が依頼人の意向中心の調査を実施した際に「想定されるリスク」を事前説明し、依頼人が熟孝する時間を設けるべきであると。この時間を設ける事は大変有意義であり「依頼人が意図としない無駄」の多くが省かれることとなるばかりか、「この探偵は想定がきく経験豊富な人物」であるとの印象が依頼人に残るのである。

トラブル解消のための探偵選び

探偵や興信所の業務はトラブル解消やトラブル回避を念頭に実施される傾向が強いと言える。多くの御依頼者様は「安心して日常生活を送る」ため必要な調査を依頼し事前情報や問題解消に役立てる。

探偵や興信所の経験値が高く「過去に多くの案件に着手、実績がある」ならば「依頼を任せる相手」として合格であり、納得して調査費用を費やす事も出来ることだろう。

しかし、現代多くの探偵や興信所は自らの調査力を保持していない業者が多く存在している。簡単にご説明すると「情報収集のための下請け業者」を利用し「尾行・素行・浮気調査」を外注するのである。

宣伝広告により多くの依頼を獲得し「営利意識の強い探偵や興信所」が上記のような「2次業者を利用」する傾向がある。自ずと若く経験値の低い下請け業者により調査が実施される傾向が強くなり「調査報告も御依頼者がのぞむクォリティーには遠く及ばない」内容になりがちになる。

経験豊富な探偵や興信所の調査員による「プロの仕事」とは遠く及ばない調査が実施され「基本的なミス」も多く見受けられる内容も否定できない。

現在の探偵・興信業界の現実がこのような状況である。

少数精鋭で独自に調査力を持ち「御依頼者が納得」出来る調査報告になる働きができる探偵や興信所はほんの僅かと断言できるだろう。業界内のお話しになるが近年何処の探偵事務所や興信所でも「常駐する調査員を雇う程の依頼を獲得できない」が本音なのである。

このような現状をご理解いただければ「依頼するに値する探偵や興信所」は業歴が長く大規模な大手探偵や興信所のように2次業者を利用しない「「独自の調査力」を持ち、専属の常駐調査員が常に待機し「優良な調査」を実施できる可能性が高く「緊急なご要望にも対応」ができることが「探偵や興信所選びの最低条件」といえるだろう。

どんなに低料金で調査期間を長く実施できる探偵に調査を依頼しても「調査力が低く経験不足」であるならば得られる調査報告は「安い料金なりの調査結果」となり、トラブルや問題解消に役立つほどの内容やクォリティーでなければ根本的に「低料金な調査を実施する探偵」に依頼する意味は無いと考える。満足行かない調査にかける費用ほど無駄なものはないと断言できる。

否定的な話で申し訳ないのだが「探偵業界の現実」は優良な探偵がごく僅かであり、営利目的の探偵業者がその殆どといっても過言ではないのである。このお話しの本題である本当に有意義な調査を実施できる「探偵や興信所選び」は厳選し注意して行うべきであると進言したい。