恋愛の嘘

恋愛で「自分を良く思われたい」との感情から発生する嘘は、後々大きな罪となります。

男女性別に関係なく、嘘は相手を大きく苦しめる原因となります。

異性トラブルがこじれにこじれた場合に良く耳にする「あなたはこう言ったから信じていたのに!」や「君の言葉を信じた僕がバカだった!」などの表現に行き着きます。

このような状況を生み出す元凶が虚言癖であったり、自身に都合の良い嘘です。

恋愛相手の調査を行うと、御依頼者からの情報と実際の職業や生活環境が異なる事実が発覚する場合があります。

恋愛相手が依頼者と恋愛するために「多くの嘘」をついていたという事実。

多くの嘘をついてしまった人物には多くのつじつま合わせが必要となります。

交際相手に疑念を持たれることは必然であり、虚言が多く誠実でない人物であると結論に達する迄には多くの時間は必要になりません。

このような嘘の多い人物の真の姿を知る手段として有効な調査方法が、素行調査や身辺調査による事実確認です。

交際相手の「職業」「家族関係」「実生活」「異性交遊」などに嘘がないか?

このような疑いをお持ちの方による調査依頼が数多く手掛けられています。

素行調査と内偵による側面調査により、調査対象者に知られる事無く恋愛相手の本当の姿が明らかになります。

探偵は事実を依頼人に報告、交際相手の虚言や都合の良い嘘は暴かれることとなり、嘘で固められた偽りの人物が卑怯にも騙して始まった交際は破局を迎えます。

口数の多い人物は信用できない傾向にあると世間的には思われています。

余計な言葉を口にする人物は「自身に都合の悪いことを隠す為に口数が多くなる」ものであり、男女の恋愛や不倫関係においても信用できない異性の代表的な特徴と言えます。

都合の良い嘘ばかり口にする人物なのに相手を信用しきって離婚、家庭を捨てる状況まで追い込まれてしまうケースも存在します。

浮気相手の都合の良い嘘に騙され続け、家庭や子供など全てをなげうって飛び込んだ先が嘘で固められた現実。

もし、このような口数が多く嘘を平然と言葉に出す人物に騙されて浮気をしてしまったならば最悪の結末となるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)