相談を密に

 探偵に相談や依頼をする際に重要なことはズバリ「的確な情報」を探偵に伝える事です。悲痛な思いで感情的な話を聞いて欲しい心情は充分存じております。しかし、調査結果を出す我々探偵からすると「的確な依頼者情報」無くして結果は出せません。

正確な「調査手段」の選択も依頼者が持つ情報で大きく変わります。

探偵を頼って相談の際は持つ情報の全てを探偵に申告して「調査依頼」を契約することが「求める結果」にたどり着く近道なのです。

探偵に相談

 我々探偵にご相談をされる全ての相談者が「依頼人」にはなりません。相談をされて「胸中を告白し、安心して」日常生活に戻ってゆく方も多くいらっしゃいます。

 「依頼を引き受ける」側にも決心が必要な職業であると理解し、日々御依頼を遂行し「有意義な報告」になる努力を惜しまない。

営利目的の広告費をふんだんに費やした「探偵のような商売」とは根本的にスタンスが違うと断言できます。

相談者が悩みを打ち明け「調査の必要性」があると判断された場合のみ「依頼人」となりえるのです。まずは探偵に悩みをご相談下さい。