ナンバープレートの調査とは?

車のナンバープレートから所有者の特定は可能

車両のナンバープレートから個人(使用者)の特定を行う調査というのは少なからずあります。

調査の目的としては

  • 浮気相手がどこの誰なのか?知りたい
  • 所有している土地に勝手に駐車している車がある
  • お金を貸したが連絡が取れず相手が逃げ回っている
  • 当て逃げをされたが映像などの証拠がなく警察も相手にしてくれない

など上記のような相談があります。車両のナンバープレートは一台の車の固有のナンバーになり、車両の種類によって正式名称は異なります。

ナンバープレートの正式名称は?

正式名称は「自動車登録番号標」で軽車両(軽自動車)や普通自動二輪は「車両番号標」という名称になります。スクーター(原動機付自転車)や小型特殊自動車などは「原動機付自転車番号標」になり、一般的に陸運局で発行されるナンバープレートとは違い、お住まいの区市町村役場で発行されます。

希望ナンバー制度やご当地ナンバー制度が始まり、その地域の名称が使われるようになって「品川」や「練馬」などの種類は2020年に17地域が追加されて令和3年現在では130種類以上あります。

ナンバープレートの正確な情報がなければ調査することは不可能になります。

「練馬」などの地域名「530」などの車種「あ」などの平仮名「〇〇-〇〇」の四桁番号

これらの全てが正確であることが調査する上での条件となります。

興信所の実績とは

 実績とはある程度の社歴が無ければ公に掲げられないと個人的には考える。

起業して数年で「実績と信頼」ははっきり言って得られない。

世間一般的な判断も同様だと思うが、探偵や興信所を選ぶ基準で真っ先に注視しなければならない「業歴や社歴」。信用調査を多く手掛ける興信所にあり、「基本」とも言える自社の存在表記。

業歴や社歴の無い「ホームページやサイト」に連絡をする事はお勧めできない。

探偵業に限った事ではない。実績を語るにふさわしい会社か?一目瞭然であると言える。

相談が大切

探偵や興信所は殆どの場合「相談が無料」である。

相談者の置かれた立場や心情を正直に話していただき「解決策」を提案する。探偵や興信所の提案に賛同いただければ「依頼」になり調査が進行する。

ほんの僅かな不審感が存在したならば「契約は見送る」べきと考える。

高額な調査料金になるやもしれない案件を任せられるか?相談の段階で疑念を持たせる「探偵や興信所」はノウハウに欠けると考える。実績がある探偵や興信所の選択には「裏付け」があり説得力が存在している。全ての案件を「尾行や素行」で行うには無理がある。

優秀な探偵や興信所には自信に裏付けられる「ノウハウや調査手段」が存在している。

 

 

 

 

相談から始まる

 探偵や興信所は相談が無料である。不安な事、悩みは「誰かに聞いてもらう」事が重要で解決すべき方法があればアドバイスもしてもらえる。

実際に「依頼」にならなくとも探偵たちは相談にのってくれる。最初は電話で話し、相手が誠実ならば直接相談に行く。この手順さえ間違わなければ悪い探偵に遭遇することもない。

探偵達は世の中のトラブルを解決できる職業の最たるもの。

確かに報酬は発生する。しかし、全ての探偵が利益に走って暴利をむさぼる訳ではない。誠実な探偵は存在しており「依頼者の力」になる。

興信所の現実

 現代の興信所は紳士録、興信録の編纂などは行っていない。やはり「個人情報」を公表する行為に嫌悪感がある現代では淘汰されつつある書物に間違いない。

情報を多く保有する場所から、多くのネットワークを駆使し情報を得る場所に変化したと言える。

意外にも興信所は探偵より身元や家系などの情報をより多く得られる。

結婚相手の身上や両親・家系などを調査すれば探偵と興信所の調査力の差は歴然と表れる。「情報の取得力」が根本的に違うと思われます。

現代においては利益がある「浮気調査」や「行動確認」を探偵も興信所も行う事から同業であるとくくられている。しかし、本来の興信所は昔も今も信用情報を保有し、お家の一大事に役立つ御報告を影ながら続ける存在であり「探偵のもつダーティーな部分」とはかけ離れた存在なのです。