浮気相手との外泊

 長期休暇を控えた7月末、仕事を持っている方はそろそろ休暇スケジュールが出る時期と思う。

取引先の休暇に合わせ休みを予定する零細企業や世間のカレンダーに合わせ曜日で休暇を設定する個人事業主など様々な形態で夏期休暇を予定している事だろう。

殆どの一般企業は8月の第2週末から第3週にかけて夏期休暇を実施する2014年。

恋人やパートナーの休暇予定もそろそろ決定し「家族サービスの日」と「自分がゆっくり過ごす日」の選定作業が頭の中で行われる時期かと思う。旅行好きな方は「各種予約」が必要になるためそろそろ準備の最終段階に入っている事だろう。ここで浮気を疑っている方には重要なポイントとなる時期でもあることにお気づきだろう。準備が必要になるという事は「日常以外の買い物」や「予約」などが必要になるのである。

この時期は本人らしからぬ「浮かれた服装」や「水着」異性を意識した装飾品などを事前購入し浮気相手との外泊に備える準備期間であり「目立った行動」に気づく事が出来るチャンスでもある。普段、うまく嘘にごまかされている方でも「おかしい・怪しい」と気づき易い。

普段と変化が見られる購入品や移動予約などは最低限チェックし浮気防止に努めていただきたい。

 

浮気相手を増長させない

 浮気の証拠を獲得しパートナーが反省していれば「やり直す」準備は出来ていると言える。しかし、浮気相手の「思惑」は計り知れないため「保守」を前提とした「情報を知る」行為が重要である。

ここで言う「保守」とは「浮気相手の情報」や「生活環境」を知っておく行為の事である。最低限に知り得なければならない項目は「居住先・勤務先・家族構成」であると考える。浮気相手が将来的に「脅威」に成り得る可能性がある事や、浮気相手の開き直りから発生する「嫌がらせに近い言動」などの増長を防ぐため「浮気相手を知る」ことは最低限知って、最悪のケースに備える必要性は高い。

家族や生活を守るために必要な行為であり、確実な将来展望が期待できない状況のご家庭では「権利を最大限主張」する為に必要性が極めて高い行為であると言える。

浮気相手の影

 浮気調査を依頼される決心した理由に多い「浮気相手の影」を感じた。実際にはテレビドラマに登場する「無言電話」などは少なく、行動の変化で気づく事が殆どである。

圧倒的に多い「金銭使いが荒くなる」理由を筆頭に「食事を自宅で取らなくなる」や「帰宅時間が遅くなる」「週末に仕事」「出張が頻繁」。

これらの事由に思い当たり「探偵に相談」となる。

浮気相手が御主人や奥さんを「奪う」行為に至るまでにはおおくの場合時間がかかり、その期間に依頼人が「浮気相手の影」に気づけば家庭崩壊や浮気のエスカレートを阻止できる。

逆に、その期間を過ぎてからでは諸々の悪循環(家出や別居など)に突入しがちで、御依頼者を追い詰めかねない危機的状況に進行してゆく。

浮気相手の素性

 巨額のインターネット広告で集客を利用した探偵の多くは「浮気調査後に行う浮気相手の身元調査」を別調査として行う。

調査依頼を申し込む際には充分な注意が必要で、「浮気相手の素性」を含めた調査料金の見積か?を良く確認しなければならない。

「浮気調査専門」などの探偵はもっと悪質で「浮気の証拠」は撮れるのだが、その先の肝心な「浮気相手の個人情報」は取得するすべを持っていない。探偵や興信所を名乗るレベルにも達していない。

こうした探偵や興信所に調査を依頼してしまった場合、「浮気調査料金+20万円~50万円」が調査終了時にかかる実質の費用となる。暴利をむさぼるとはこのことだろう。