復縁相手の素行

 興信所の素行調査に増加傾向にある「復縁相手の素行調査」。

離婚や別れた相手の素行調査を行い「よりを戻す」判断基準をつくる。賢明でクレバーな御依頼者が多く現代の調査業務でポピュラーになりつつある。

別れた「原因」が今考えれば些細な事ならば「時間が解決」してくれる復縁も多く存在するが、復縁相手の「癖」が別れの原因の場合は復縁調査の必要性は高いといえる。

人の癖は再発する傾向が強く「また、悪い癖が出た」などの言葉は世間で多く耳にする。

人は同じ過ちを繰り返しがちで、表面化しないところで「癖」が継続されていた場合は復縁にともなう「リスクが高い」といえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)