家出人

 長期休暇を前後して「家出人」捜索の相談がよせられる。

家出の理由がタイムリーならば「恋愛がらみ」の家出とも判断出来るが、人間関係に嫌気がさした家出人の捜索は困難なケースが多い。家出に至る理由が周囲の人間に理解できないため「手がかり」になる情報が少ない事が原因している。

残された家族の心情は複雑で不安なことこの上ない。

家出人の捜索ポイントとして最も重要な事項は「事件性有無」の早期判断意外にない。事件性のある家出か?個人的理由に基因した家出なのか?を早期に判断できれば捜索依頼先をスピーディーに決定出来ると言える。

家出人の所在を判明させる手順を間違えると「時間のかかる捜索」になる場合があるので充分考慮し捜索依頼先を決定していただきたい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)