音信不通

 連絡がとれない知人や友人身内の安否を確認したいと考える方は多い。

年末に投函した「年賀状」が戻ってきた時などは不安に思うケースの代表かと思う。

高齢化社会の日本において今後「安否確認」の重要性は高いと考える。近所付き合いのある地域ならば心配が低いのだが、住宅街で一人暮らしをされる方などは近所との交流が薄く不慮のトラブルに遭遇し認知されない危険度が高いと考える。

一般的には認知が低いが興信所の行う調査項目に「動静調査」が存在する。

遠方にお住まいの音信不通な方の確認も調査として行っている。知人や身内の近況や健康状態なども内偵を行い御依頼者に報告する。

お金には換えられない「安心」を得られる調査であり、今後の需要が上がる調査と思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)