興信所の調査3

 今回は行方不明者の捜索や所在を明らかにする「所在調査」についてのお話し。

所在調査には分類分けはない。行方不明者や失踪人・家出人を捜索したり、音信不通になった友人・知人の現住所を調べる。離婚率が増加傾向にある現代において「以前の結婚相手」の調査等も所在調査の分野に入る。離れて暮らす我が子の所在を知りたい気持ちから依頼がある。

思い出深い人物との再会を果たしたい依頼も承る機会も多い。過去にお世話になった方の所在を知っていたいと考える依頼人が多く存在している。初恋の人と再会したい等の調査も所在調査の分野でポピュラーと言える。

現在の住まいが不明な人物の調査は「所在調査」であきらかになると言える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)