優秀な探偵 1

 優秀な探偵が本当に存在するか?テレビドラマや映画、小説の中だけの存在かと思われがちだが「実在する優秀な探偵」の特徴を幾つかお話ししたい。

私、個人が「優秀」と感じた探偵は過去に2人だけ存在している。2人のうち1人は探偵をやめてしまったが、残る1人は現役で業界内では知られた存在である。

数十年中に数多くの調査員や探偵と現場で時間を共有し、数々の案件を経験してきて「たったの2人」だけである。ハードな探偵業にあって当然の人数ともいえる。

個人的な意見である事を前提にお話ししたい。

優秀な探偵に必要な条件は「器用」であることと考える。理由は「想定外の事態」が多い調査現場で探偵は臨機応変をせまられる。器用な探偵は予想外の展開を「顔色ひとつ変えず」乗り切る。

機材のトラブルが起きても平然と代用品で結果を出す。文章にすると簡潔になってしまうが実際の現場で一部始終を見せつけられると圧巻である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)