常識ある探偵

 社会的に良識や常識がなければ「探偵業」は営んでゆけないと言える。

一般常識があり「適切な判断」が下せる探偵は頼もしく依頼する価値があると言える。問い合わせや相談の段階で「探偵との会話」の中に「常識外れな判断」や「見当違いの認識」がある場合には依頼を見送る事が選択として望ましい。理由は簡単で「調査の無駄」が多く出るからである。

探偵が選択する調査方針が見当違いの常識や認識が基準だった場合に調査はスムーズに進行する事が無い。

長年の経験は刻一刻変化していて「日々、変化する社会」に対応した判断が求められる事は言う迄もなく、謙虚に「依頼に向かう姿勢」がある探偵であれば問題無いと言えるが「過去の結果や傾向」にとらわれすぎる調査方針はベストな状況を生み出し難い一面も持っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)