探偵になるにはどのようなことが求められるか

探偵になりたい、と思ったらどうすればいいのでしょうか。

探偵というのは、特別な資格がなくてもなれるものです。

ですので、誰でもなれるといえばなれます。

しかし、よりなりやすく、仕事をうまく進めるための条件というのはあります。

 

まずは、運転免許を取得しておきましょう。

普通免許とともに自動二輪免許があればベストですが、それが無理でしたら普通免許だけでも十分です。

張り込みの際には、車両内で張り込みをすることも珍しくはありません。

また、ターゲットの尾行の際にも、車両を使う場合が多いのです。

ターゲットも車両を使っている場合には、余計に必要になるでしょう。

 

次に必要なことといえば、体力です。

テレビや映画の探偵は、あまり強い印象が見えません。

実際の探偵の場合、力強さよりもタフさが求められます。

尾行や張り込みは長時間に及ぶ場合もあります。

また、浮気などの行為は夜遅い時間に行われることが多いので、就業時間もきわめて不規則。

そのためにはタフさが必要なのです。

 

そして、法律の知識もあるに越したことはありません。

では、どのような法律の知識が必要なのでしょうか。

まずは、探偵業法です。

これに加えて、民法に刑法、手続法やその他の特別立法の知識があると望ましいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)