探偵像

依頼人が想像する探偵像は実にさまざまである。

トムクルーズが映画で演じたスパイを想像し「不可能を可能にする男」が実在するかのように探偵にイメージを重ねられても・・・・

他には小説に登場する「金田一先生」的な想像をお持ちでご来社される相談者も現実に存在し少々調子が狂うこともしばしば。

現実の探偵が行う調査をご説明し「生身の人間による等身大の調査」をご理解いただくことから始まり、その調査に関わる費用説明や調査に要する日数なども合わせてご理解いただく。

もし、この御説明に理解が得られない場合は調査を契約するには至らない。

誠実な探偵であるならば「御依頼者の理解」を抜きにした調査委任契約は行わない。探偵業法にそった「必要事項説明の義務」を怠る可能性が否定できない理由が存在しているからに他ならない。

現実に存在する探偵は「法規にしたがい誠実な対応」を御依頼者に実施しなければ「ご依頼を承る」ことができない存在なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)