考え方の違い

 人それぞれのモノの考え方が存在する。

仕事に関して言えば「確実に効率よい」を念頭に置いて皆が判断を下す。多くの判断は似たり寄ったりになり「異端」は認められ難い社会である。会社組織の中で「協調性」がうまくとれない人物は「思考回路」が多数とは異なっている。悪意表現をするならば「自己主張が強い」や「まず、皆と一緒の方法をやってみる」行為が出来ないなどの「評価」を受ける。

個性とは違う側面から協調性を考えた場合に「脳」が違うケースがある。

世間的には現時点で「発達障害」などの表現でそうした人物を表現している。過去の偉人の多くは「発達障害」であったとの考え方もある。

個人的には「人の進化」の過程であると考える様にしている。人個々の能力が向上する過程で「協調性」は必要であるか?個人の能力が優れた未来が近い将来きたならば「協調性」は集団行動の中でしか機能しないと言える。コミュニケーション能力の問題も出てきていささか複雑な午後の日記の時間になった事を後悔している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)