人柄が左右する

 探偵の仕事は「人柄が結果」に表れる。

丁寧な仕事が実現できている探偵社や興信所は「人材育成」に成功していると言えるだろう。人を育てる重要性は大企業から中小零細企業・個人事業主にいたるまで「良い仕事」を実現する為に欠かせないステップであり「将来どうあるべきか?」を見越した人材育成が企業のあり方に大きく関わると言える。事実、現代問題視されている「ブラック企業」と呼ばれる業務形態を当たり前に行う行為が代表的な例であり、「間違った方向性」を判断として行う人材が存在している。

多くが行うから「良い」と判断しては「企業倫理」全く機能していないといえる。

事の善し悪しを判断できる「人材」とはどのよに育つのか?個人的には「先人の背中」を見て育つと考えるが現代においてこの考え方が当てはまるかは自信がない。理由はベンチャー企業やIT企業などは「短期結成型」であり「合理性」や「利益」を少数精鋭で目標として運営されているからである。「個人の判断」が大きく企業方針に表れやすく「良きお手本」が存在しない事に基因している。

将来どうありたいか?今一度考えて個々の判断向上を目指す事が「大きな判断」を間違えない要因となりうると信じて着実に前進してゆきたいものだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)