ベビーカーを押して浮気3

 調査を継続しさらに2週間が経とうとしていたが進展はなく、買い物や子供と散歩に出かける動きしか見せない対象者。調査が悪循環に入った。

依頼者も痺れを切らし「調査時間帯の変更」を申し出てきた。正直、これも悪循環だとは思っていたが渋々承諾し調査時間を午後から夕方に変更し再び調査に望んだ。

浮気の頻度が薄い関係なのか?などと内心考え始めた矢先に動きがあった。

15時45分に自宅からベビーカーを押して息子とともに外出する対象者。駅前で夕飯の買い物を済ませ、自宅とは方角が違う駅の北口を進行する。

「他にも買い物があるのか?」気が抜けないパターンだと緊張の糸が張りだし「視野を広く周辺の車輌に警戒」しつつの尾行が続いた。

車輌を廻していた相棒が男性車輌を確認した「パーキングに停まっています。しかも、男性は運転席に乗車したまま精算する様子がないです。」との連絡をうけた。対象者は携帯電話でメールを確認しつつ男性車輌が待つ雑居ビルに囲まれた人気のないパーキングに進んで行く。

 パーキングに駐車中の車輌から男性が下車する。対象者女性とは親子ほどの年の差がある50代後半の中年男性が車輌から下車し自然な笑顔で対象者とベビーカーを後部座席に乗せ男性も後部座席に乗り込んだ。フルスモークで車内の様子がわかりずらく時々2人の頭が寄り添い離れるを繰り返す。

 車中で大人の行為に及んでいる事は間違いないが「証拠」としては不十分な状況だった。

90分間にわたりワゴン車の後部座席を利用した「大人の行為」は終わり男性のみ車輌から下車し、パーキングを精算し対象女性の自宅方向に車輌は進行する。

 経験から「この2人の関係は依頼者との結婚より以前から続いている。」と直感した。車輌に親子を迎えた時の自然な雰囲気は身内や親しい友人そのものに他ならない。その後、自宅に一番近いコンビニで車輌は停車。対象親子は下車しわかれの「バイバイ」手を振り帰宅。

近所の目があるコンビニでも車輌を乗り付ける大胆さも付き合いの長さから出る「自然な行動」に違いなかった。

 その後の浮気調査はスムーズに進行し、「動かぬ証拠」を撮るのに時間はかからなかった。後日の依頼者と奥さんの話し合いで浮気相手の男性は「奥さんが結婚前に勤務していた会社社長」であることがわかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)