興信所のドラマ・映画・小説

探偵もののドラマ・映画・小説というのは、有名なものも含めて今までいろいろ作られてきたかと思いますが、ふと、探偵ではなく「興信所」を舞台・テーマにしたもの、「興信所」として有名な映画やドラマなどはあるのかな?と思って、とりあえずネットでちょっと検索してみました。

「興信所 映画」では特にめぼしいものはありませんでした。

「興信所 小説」では、一応、主人公が個人で興信所を経営している「Fake」(2004年発刊)という小説がありました。ウィキぺディアによれば、策略にはまったため興信所を廃業して(おそらく序盤の段階で)週刊誌のフリーライターになってしまうようです。

「興信所 ドラマ」では、韓国ドラマの「いいかげんな興信所」(2007年放送)がありますが、ストーリーの序盤、主人公らがたまたま元興信所の空き部屋にいたところに勘違いの依頼が入って、最後は宝探しになるというあらすじのようです。不思議なネーミングですが確かに「いいかげんな興信所」ですね。

現在では「探偵」と「興信所」を区別する意味はほとんどありませんが、こうして見ると、探偵にくらべて興信所はマイナーなイメージでエンタメには使いづらいのかなという気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)