興信所と浮気調査料金(成功報酬制)

浮気調査の料金は、興信所や探偵事務所によって異なっています。

前回の記事では「時間料金制」について書きましたが、今回は「成功報酬制」について書いてみます。

成功報酬制とは、成功の基準設定を元に報酬が発生する料金制ですが、注意点が3つほどあります。

(1)本当に成功報酬制で調査してもらえるのか?

「浮気の証拠が取れなかったら料金は一切いただきません!」などというキャッチコピーを見かけることがありますが、これには注意が必要です。

これを額面どおりに受け取るとメリットがあるように思えますが、実際にはこの条件で依頼するにはご依頼者様側にも条件を求められます。

その条件は探偵社によって異なると思いますが、一般的には事前の打ち合わせから調査希望日に間違いなく浮気をするであろうと探偵社側が認めた場合のみ、この条件で依頼できることになります。

なぜなら、探偵社側も時間と人員を使っているわけですから、浮気相手と会わない人物の尾行を無料で行うわけにはいかないからです。

また、実際にこの成功報酬制で調査を行って対象者が浮気相手と会わなかった場合(証拠を取る機会自体がなかった場合)はどのような扱いになるのかは不明ですが、企業側の事情に沿えば無料にするわけにはいかないということになるでしょう。

ですので、絶対に成功報酬制の依頼を認めず、「浮気の証拠が取れなかったら料金は一切いただきません!」というのが、”ただお客さんを引き寄せるためだけの材料”として使用している少々悪質な業者も存在しています。

(2)成功の基準が何なのか?

「浮気の証拠が取れなかったら」というのはある意味わかりやすい条件ですが、条件を明示せず成功報酬を謳っている例も見られます。

単に”調査が成功したら成功”ということで、調査中に浮気の証拠をとれる機会がなかったケース(空振り)でも報酬が発生することになるのであれば、メリットがあるように見えて結果は時間料金制とほぼ同じですので、”ただお客さんを引き寄せるためだけの材料”ということになります。

一体、成功の条件とは何なのかを事前にハッキリさせてから契約をしなければ、ご自身の想定していた状況とは異なる状況となってしまいます。

(3)報酬の金額はいくらなのか?

報酬の金額も事前にチェックしておくべきです。「成功した場合のみ報酬が発生する」といっても、どう転ぶかわからない調査の進行状況によっては、数時間で高額な報酬が発生してしまう場合もあります。他社と比較してあまりにも高額なところは避けたほうがよろしいかと思います。

上記の点からまとめると、成功報酬制は事前に料金が発生しない(後払い制)という点などのメリットはあるかもしれませんが、成功報酬制契約の中身をよく認識することが重要と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)