興信所・探偵の主な業務内容

現代の探偵事務所は興信所と呼称されるのが一般的です。

以前は特別な資格や登録などは必要なく、誰でも自由に探偵を名乗って仕事をすることが可能でした。

しかし、個人の秘密にまつわる業務が多いという仕事の性質上トラブルが起こりやすく、一時期悪質な業者によるトラブルが続発したため、探偵業法という法律によって業界が管理されるようになりました。現在では探偵業法に基づく登録をしているかどうかが、業者の信用度をチェックする重要なポイントとなっています。

興信所・探偵の仕事は、様々な調査業務が中心です。個人や団体からの依頼に基づいて様々な人や物、情報についての調査を行い、調べた結果をまとめて依頼者に報告します。

最も多い業務が浮気調査です。依頼数全体の約半数が浮気調査の依頼となっており、現代の探偵業務の中心となっています。

個人の素行調査・信用調査も依頼数の多い業務です。結婚や就職などの時に本当に信頼のおける人物かどうかを確認するために依頼する人が多く、犯罪歴や交友歴、借金の有無などを調査します。

行方不明者の調査も重要な業務の一つです。家出人や行方不明者の調査は、本来警察が担当する業務でもあるのですが、犯罪にかかわっている直接の証拠がないとなかなか積極的に調査してくれず、興信所や探偵に調査を依頼してくることが多くなっています。 “

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)