謎解きは

探偵の実施する調査が難航する。多くの探偵や調査人は「現時点までの過程においての見直し」を余儀なくされる。

情報量が多すぎる案件においては「情報の優位性」から判断した「調査方針や指針」が先行し可能性による判断が基になって調査が進行してゆく。

仮に情報の「優先順位の判断」が間違っていたならば「調査は迷路」に迷い込む。

出口を調査結果とするならば「間違えない判断材料」を充分に揃えて進みたいと誰もが思い考える場面といえる。

逆に判断材料が少なく「勘による推理や謎解き」が調査の骨組みになってしまう場合は迷走し混乱する。

実際の探偵が行う調査において「裏付けの無い推理や謎解きは無意味」である。

名探偵を気取って仮説から多くの調査を実施しても空振り調査が増えるばかりで現実的な進展はのぞめないのである。

超人的な記憶力や特殊能力でも持ち合わせた探偵が実在するならば話はべつなのだが「現実の調査」はコツコツ事実を積み重ねることの繰り返しなのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)