効率の良い手法

 現場の調査を長年手掛けていると「有意義な時間帯」を効率よく調査する事の重要性に気がつく事ができる。当然のことながら「依頼人との相談により調整」が重要になり「依頼人の承諾」が無ければ調査に着手出来ない。

例を挙げるならば「調査対象者に関する情報で依頼人が欲している生活時間帯」を無駄なく調査する事が望ましい。

もし、調査対象者が不規則な行動や仕事に追われている人物ならば「妥協点」が必要になるだろう。おのずと御依頼者との相談と調整により「調査の方向性」が決定し納得の行く調査を無駄なく行える事だろう。ここで妥協点を設けなければ「際限なく無駄」が生じ調査員の疲労とモチベーションの低下を招き「調査に悪影響」を及ぼす。依頼人サイドからしても報告書に無駄が多いことが望ましい報告のわけがないのである。

要するに「依頼人との密な打ち合わせ」により「可能か不可能か?」を納得していただき調査範囲を限定する手法が最も効率良く調査を遂行する近道なのである。

想定できる

 経験豊富な探偵は御依頼者の相談に対して「過去のケース」から今後の進行方向が想定できると言える。良心的な探偵であれば当然ながら「御依頼人がどうしたいか?」を理解し調査方針を提案する事だろう。必要とされる調査方法のおおよその日数であったり概算の調査費用もおおよそ見当がつくと言える。

ここで、良心的ではない探偵はどのような「相談」を行い御依頼者に不利益(無駄な調査)を提案するのか?簡単ではあるがお話したい。

まず、営利目的の探偵の特徴は「調査の要点」を理解していない傾向が強い。御依頼者にも気づく事が出来る「おや?こんな方法で大丈夫?」などの調査方針を平然と提案する。要するに「一日でも多く調査を実施」したい願望が調査方針に見えて「調査のタイミング」を無視した「無駄」を提案している。このような営業行為や相談を実施する探偵との面談は論外であり時間の無駄といえる。

次に多いケースは「依頼者が想定する調査方法」を無視し独自の調査方法を提案し実施を強く進める探偵には「営利目的の要素」が大きいと思われる。相談の時点で「予算を大幅に超える」調査方針を提案してきたり、希望する「調査期限」を理解しない「調査方法」を提案する行為も危険性が高いといえ、依頼するリスクが高い探偵の例といえる。

上記が営利目的の探偵に見られる「相談や営業」なので「おや?この人要点を理解していない」などの不安な提案がある探偵との契約は十分注意し相談と依頼に役立てていただきたい。

相談先

 トラブルや問題の相談先は慎重に選ぶべきである。

探偵や興信所の行う「探偵業務」の範囲内でのトラブル相談や問題相談は「法律相談」ではない。経験や一般的な選択をアドバイスとして「相談者」に発信している。相談した探偵が「司法試験に合格」した過去があり法律の知識が豊富ならば更に良い相談先といえる。

相談者が抱える問題を「解決する方法」を提案し、相談者が理解し賛同すれば「調査依頼の契約」になる。

営利目的の探偵や興信所は「契約=調査料」と考える業者が存在しているので「相談先」は充分に吟味し慎重に選ぶことがポイントといえる。相談だけするつもりが「契約し前金の調査費用」を支払う事も珍しくないのである。

優良な探偵や興信所を相談先に持つ意味は大きい。何より世間の様々な問題を調査し経験している業種は「探偵や興信所」をおいて他にない。問題が絶えない「人の世」において探偵の行う調査は「潤滑油」のような働きがあると考える。

庶民と景気回復

大手企業の給与アップが検討されている。

中小企業の給与ベースアップは現実的ではないとの見通し。一般庶民の景気回復は当分の間先送りになりそうである。ここで「景気回復」とは?と疑問に思うかたは多いと思う。書く言う私もその一人で「世の中全体」が潤う事を願っている。現実社会に確実にある「順序」は時間を要し庶民にやさしくない。

大衆はいつの時代も「ささやかな幸せ」を求め日常生活を送っている。

家族の笑顔であったり・家族の健康や成長・恋愛や結婚に出産・穏やかな老後も皆が願う理想と考える。

ささやかな幸せやお金に換えられない「思いや願い」がトラブルによって脅かされる時、探偵や興信所は庶民の日常生活に「役立つ業種」であると考える。

もし、大切な何かが脅かされていると感じたら相談し解決する事をおすすめしたい。

 

探偵や興信所に相談

プライベートな悩みやトラブルを相談する相手には適材適所があるかと思う。

探偵や興信所は離婚や男女問題に始まり人探し・所在・身元といった事案を相談する相手としては適所と言える。過去に経験済みのケースは想定出来る「解決策」もアドバイスできる。

経験豊富な探偵や興信所は多くの悩みやトラブルは過去に経験済みな事なので「思い悩む」前に気軽に相談していただきたい。

悩みや相談のなかには相談者自身で解決できる問題も存在しているので「相談しアドバイス」をもらう行為は有意義と考える。もし、相談内容にリスクが大きい要素があれば「解決策」を提案し依頼となる。全ての悩みや相談を依頼にしようとは考えていない。

問題解決の第一歩は「相談しアドバイス」を受けることから始まる。