庶民と景気回復

大手企業の給与アップが検討されている。

中小企業の給与ベースアップは現実的ではないとの見通し。一般庶民の景気回復は当分の間先送りになりそうである。ここで「景気回復」とは?と疑問に思うかたは多いと思う。書く言う私もその一人で「世の中全体」が潤う事を願っている。現実社会に確実にある「順序」は時間を要し庶民にやさしくない。

大衆はいつの時代も「ささやかな幸せ」を求め日常生活を送っている。

家族の笑顔であったり・家族の健康や成長・恋愛や結婚に出産・穏やかな老後も皆が願う理想と考える。

ささやかな幸せやお金に換えられない「思いや願い」がトラブルによって脅かされる時、探偵や興信所は庶民の日常生活に「役立つ業種」であると考える。

もし、大切な何かが脅かされていると感じたら相談し解決する事をおすすめしたい。

 

いらいらなるままに

 今日、電車の中でつまらない言い合いをしている人を見かけました。

朝からとても不愉快になります。何がきっかけで言い合いになったのかは定かではありませんが、強い口調と言い争うその場が本当にたまらなく嫌になりました。混み合う電車で、自分の気に入らないことや、体や鞄が当たるなど様々なトラブルはあると思います。でも、故意的なものばかりではないはずです。よく、おれ様を見かけますが、公共の場だということを認識しているのでしょうか? マナーは大切です。朝から、自分のイライラを他人にぶつける行為はいかがなものでしょうか?イライラしている人の顔は、醜いですよ。口調が荒い人や強い言い方しかできない人。気をつけたいですね。

興信所をしていますと、イライラしたら仕事にすぐに影響がでます。落ち着きを持って、気持ちにゆとりを持たないと長時間は保ちません。素行調査や、尾行調査は時間が読めません。イライラしないようになりました。なので、周りのイライラ族さんが、とても目に入ります。