別居 婚姻破綻 信頼の興信所アーガスリサーチ 東京都公安委員会 探偵業届出済(第30070158号)

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 浮気・不倫に関する法律 > 別居後の浮気と婚姻破綻

別居と婚姻破綻

浮気調査はおまかせください。興信所のアーガスリサーチ

 

別居後の浮気と婚姻関係破綻

別居中や別居後に浮気をしたらどうなるのか?という点について疑問をお持ちになったことはないでしょうか。

インターネットでは「別居中もしくは別居後の浮気は不貞行為とならない。」と断言しているのをよく見かけます。

別居状態になってしまえば浮気しても本当に不貞行為にならないものなのか・・・?

ここで、一方が浮気している夫婦の、ありがちな別居の状態を思い浮かべてみてください。

例えば夫が浮気しており、それを妻が知っているかどうかはおいといて、ある日、妻の同意もなく家を出て別居し、浮気相手とともに暮らし始めたとします。

別居中・別居後の浮気は不貞行為ではない!と断言する人の根拠はだいたい決まっています。

「別居によりすでに婚姻関係が破綻している」

「婚姻関係破綻後の浮気は不貞行為とはならない」

というものです。

しかし、これは婚姻関係破綻についての解釈を間違えているのではないでしょうか。

この言い分では「別居そのものが婚姻関係破綻である」ことになるからです。

別居は婚姻関係破綻ではない

そもそも別居は「別々に住んでいる」という意味で婚姻関係破綻の意味は含まれていません。
単身赴任の状況を思い浮かべて頂ければわかりやすいかと思います。

また、婚姻関係の破綻は夫婦の一方の意思だけで成り立つものではありません。

例えば、夫が夫婦関係を終わらせたいと考えていても、妻に婚姻関係を継続する意思があれば原則として破綻とはならないのです。

上記の例で言うと、妻が夫との同居を拒否したわけでもないのに夫が勝手に家を出て行った、 つまり、この時点では婚姻破綻とはならず、単に夫が勝手に行った「別居という行動」であるに過ぎないのです。

そして、仮に勝手に出て行った夫がその後に浮気をしていた場合は、原則として不貞行為となります。(もちろん証拠は必要です)

だいたい、勝手に家を出て行って自ら夫婦関係を悪化させておきながら、浮気しても不貞行為にならないなど普通に考えればおかしな話ですよね。

じゃあ別居と婚姻関係破綻は関係ないのか?というとそのような事はなく、破綻の判断材料の一つになります。

長期間の別居状態にあり、その間お互いに婚姻関係継続の意思を持たなかった場合(何の連絡もとらなかった等)などは、婚姻関係が破綻していると判断される可能性が高くなるわけです。

まとめると、別居中でも浮気すれば原則として不貞行為となり、別居状態にあれば婚姻関係が破綻しているというわけではない、ということになります。

※浮気調査については以下のページをご参考下さい。

妻の浮気調査・不倫調査について

夫の浮気調査・不倫調査について