HOME > 思い出の人は今どこに? 初恋の人探し調査

思い出の人は今どこに? 初恋の人探し調査
初恋の人を探す

昔の卒業アルバムや写真、文集などを整理しているときや、古い知人と会話をしているときなど、ふとした瞬間に「初恋の人」を思い出すことはありませんか。初恋の人は特に印象に残りやすく、恋が成就したかどうかに関係なく心の中に長く存在するものです。

中には、「初恋の人は今どこで、何をしているのだろう」と気になっている方もいるかもしれませんね。そこで今回は、初恋の人を探す方法について解説します。

初恋の人を探す方法にはどのようなものがある?

初恋の人が何をしているのか、どこにいるのか知りたいという方は決して少なくありません。そう考えたとき、初恋の人をどうやって探せばよいのでしょうか。

1.知人や友人、近所の人などに尋ねる

初恋の人探しの一般的な方法として、本人を知る友達や知人、初恋の人の実家近辺の住民に聞き込みをする方法があります。もし初恋の人が転居をしていたとしても、運が良ければ転居先の地域などを聞きだすことができるでしょう。

2.ネットやSNSで初恋の人の名前を検索する

近年は幅広い年齢層の方がSNSを利用しています。特にFacebookは実名での登録が基本であるため、初恋の人のアカウントにたどり着ける場合もあるでしょう。ただ、初恋の人がSNSを利用していない場合は情報を得ることが難しくなります。

また、初恋の人が部活動や仕事で業績を残している場合、氏名で検索をするとその人の情報が得られる場合もあります。ただし、居住地などの細かな情報まではわからないケースが多いです。

3.オープンソースを確認する

住宅地図や不動産登記簿、商業登記簿などのデータは、第三者の一般人でもアクセスできます。こうしたオープンソース(公開情報)を調べることで、初恋の人の所在に行きつく場合があります。ただし、こうしたオープンソースの利用には個人情報の登録や会員登録、費用がかかる場合もある点に注意が必要です。

自分で初恋の人を探すことはできる?

初恋の人を自分で探したいという方は多いですが、実際には転居や結婚で住所氏名が変わっていることも多く、途中までは足取りを辿れたとしても、現在の居住地などは分からないケースが多々あります。

また、知人や初恋の人の実家周りの住民などに尋ねることで、怪しまれてしまう場合も多いものです。そうなれば情報を聞き出せない可能性も高いでしょう。またコンタクトが取れたとしても、行き過ぎた行動が原因でトラブルに発展するおそれもあります。

たとえば相手が拒否しているのに自分だけが舞い上がってしまってしつこく連絡しようとしたり、踏み込んだ調査を行ったりすれば、ストーカー規制法に抵触する可能性もあるのです。たとえわざとではなくても、相手に不安や恐怖を与えてしまうような行動は避けるようにすべきです。

実際のところ、昔の記憶や周囲の人の情報、SNSなどを頼りに人探しをするのはかなりの労力と費用が必要ですし、1人で行うには限界があるでしょう。自分で初恋の人を見つけるのが難しい場合は、人探しのプロである興信所へ相談してみることをおすすめします。

初恋の人探しは興信所に依頼するのもひとつの手

自分では初恋の人を探すのは難しい、と感じたら、無理をせず興信所や探偵事務所へ相談してみることをおすすめします。

興信所を利用する場合は料金が必要ですが、調査員が依頼者からいただいた情報や独自のデータベース、オープンソースなどをもとに初恋の人を探すお手伝いをします。

また、興信所では調査員の「聞き込み」による調査も行っています。こちらは2週間や1ヶ月などの期間を区切っての調査となりますが、対象である初恋の人探しの交友関係を辿って調査員が不自然にならぬよう聞き込みを行います。相手が警戒心を抱かぬように最大の注意を払いながら聞き込みができるのは、熟練の経験を持つ調査員ならではの専売特許です。

興信所に初恋の人探しを依頼するときのポイント・注意点

興信所は初恋の人探し調査・人探しのプロであり、独自のネットワークを活用することで素人では難しい調査ができるのが特徴です。ただし、興信所を利用する際には、どのような興信所を選ぶかが重要です。後悔しない興信所選びのポイントをご紹介します。

初恋の人探しの見積もり・相談が無料の興信所を選ぶ

興信所や探偵事務所の中には、電話やメールなどによって無料で見積もり相談ができるところもあります。こうしたサービスを活用することで、後から「思っていたより高額だった」といったトラブルを防げます。

また、相談内容によっては自分が想定していた予算では納得のいく調査ができない場合もあるでしょう。たとえば「数十年前に出会った初恋の人を、少ない手掛かりで探してほしい」といったケースです。このようなケースでは調査にも時間が必要ですので、多くの費用がかかることになります。

興信所では、電話やメールのほか、LINEでの相談も承っております。あらかじめご相談いただいた内容、ご要望をもとに見積もりをお出しし、予算と実際にかかる費用の兼ね合いにご納得いただいてからご契約となるのでご安心ください。

料金が後払い制か確認する

興信所の中には、残念ながら高額な見積もりを作成し、「先払いでないと調査ができない」と依頼者に持ちかけるところもあるようです。「初恋の人に会いたい」という依頼者の“藁にも縋るような気持ち”を利用した行為は、好ましいこととは言えません。

興信所や探偵事務所を利用する際は、料金が成功報酬式(後払い)かをしっかりと確認しておくと良いでしょう。

成功報酬とは、初恋の人探し調査を開始してから初恋の人等の対象者の所在・生存が確認できた場合に発生するものです。興信所は、対象者が見つかった場合のみ成功報酬をいただくシステムです。

調査員の実働を伴う場合には調査に必要な実費として「着手金」をいただきますが、仮に対象者を見つけられなかった場合は成功報酬を頂戴いたしません。そのため、先払いの興信所等に比べれば安心してご利用いただけるかと存じます。

興信所としての経験・技術があるか

興信所とひと口にいっても、その経験や実態はさまざまです。「どうしても初恋の人に会いたい」という方は、歴史が深く、多くの経験と技術のある興信所を選ぶことをおすすめします。

長い歴史を持つ興信所には、長年の経験や技術を持つ調査員が在籍していることも多いものです。こうした熟練調査員は、これまでの経験や技術、独自のネットワークを活かしながら調査を進めていくため、結果的に対象者が見つかる可能性も高くなるのです。

ネットやSNSなど最新のIT知識があるか

興信所の経験や技術に加えてチェックしたいのが、調査員のIT知識です。近年の人探しではネットの情報はもちろん、アプリやFacebookやTwitter、インスタグラムなどのSNSから情報を得るケースも多くなっています。しかし、調査員がネットやSNSに対する知識に疎いと、得られるはずだった情報をスルーしてしまうおそれがあるのです。

興信所アーガスは1979年の創業から42年を迎えた老舗ですが、最新の情報を取り入れながら調査技術のアップデートを行っております。ネットやSNS等での初恋の人探し調査も可能ですので、ご相談ください。

初恋の人を探すなら、調査のプロにお任せを

初恋の人を探す、興信所にお願いする

「初恋の人を探す」といっても、その難易度は状況によって異なります。生まれてから地元でのみ過ごしてきた人と、全国各地を転々としている人では、圧倒的に後者の方が足取りを掴みにくいからです。こうなると、自分で初恋の人の居場所を調査するのは至難の業ではないでしょうか。

興信所では、「初恋の人にいま一度会いたい」という依頼者様のお気持ちをサポートいたします。経験豊富な調査員が調査を担当いたしますので、どうぞご安心ください。また、「実際に会えるかどうかは別として、生きているかだけでも知りたい」というご相談にも対応いたします。

初恋の人を探したい方は、ぜひ興信所アーガスまでご相談くださいませ。

このサイトは初恋の人探しに特化したサイトです。