HOME > コラム一覧 > 調査メニュー > 自動車ナンバープレート調査

自動車ナンバープレート調査

最短当日判明 

車両ナンバー調査はおまかせください。興信所アーガスリサーチ

「ある車両に当て逃げされてしまった」「私有地の駐車場に無断で駐車されて困った」など、こういった件に関しては110番通報もしくは所轄の警察に連絡することで、車両の所有者を特定して解決することはできるはずです。

また、車でずっと尾行されたり、乗っている人が不審な行動をしている場合、警察に通報すれば対処してもらえることがあります。

しかし、「夫や妻が異性の運転する車に乗っていたり」「夫や妻が見知らぬ車から降りてきたり」といった場合、警察に相談しても十分な対応が得られないことがあります。警察は、このような事案についてあまり関心を示さず、車両の所有者に関する調査も行ってくれないことがあります。

夫婦関係のごたごたについては民事問題であり、民事不介入の原則がある警察が介入する事は出来ないのです。

こういった民事問題のケースでは興信所アーガス東京にご相談下さい。興信所アーガス東京では軽自動車を含む車両やバイクなどのナンバーから所有者を正確に特定いたします。

2006年から要件が厳しくなりました

2006年以降、一般の方々は陸運局で登録事項証明書を請求できなくなりました。この変更は、個人情報保護の観点からの措置であると考えられます。以前は、陸運局に直接足を運び、登録事項証明書を手続きすることができましたが、そのような手続きが制限されることとなりました。これは、個人情報の機密性を保護し、不正利用や情報漏洩を防ぐための取り組みの一環として導入されました。

さらに、この変更には車体番号の下7桁が必要になるという要件も追加されました。つまり、登録事項証明書を取得するためには、車両の車体番号の下7桁を提供する必要があります。これにより、登録事項証明書の取得がより厳密に制限され、車両の所有者や関連情報の保護が強化されました。

ただし、特定の状況下では、自宅敷地内に勝手に停められているなどの迷惑行為がある場合、自宅敷地であることを証明するための書類や実際の写真などを附して、陸運局に申請することで、証明書を発行してもらえる可能性があります。このような場合でも、個人情報の適切な管理が求められますが、必要な手続きを踏むことで、迅速かつ適切な対応が期待できるでしょう。

登録事項証明書には、車両の登録状況や所有者の情報など、個人に関する重要な情報が含まれています。そのため、取得には車体番号の一部を提供する必要が生じたのです。このような取り組みは、個人情報の保護と安全性の確保を目指す上で重要な一歩と言えるでしょう。

車両ナンバーから検索、所有者氏名・住所を特定

浮気調査などでは、徒歩や電車、バスなどを利用している対象者を尾行していった際に途中で異性の車に乗って行ってしまうというケースにも数多く出くわしますが、 興信所アーガス東京はこのような場合にその乗ってしまった車両のナンバーからその所有者を特定するというスキルを持っております。

確かに以前は普通車などについて申請手数料千円程度を支払えば、各陸運事務所において誰でも車両ナンバーから所有者を調べることは可能でしたが、現在では車両ナンバーだけの情報では特別な理由がない限り、調べられなくなりました。

車両ナンバー以外にも車体番号が必要となり、通常、他人の車体番号は把握することは困難ですので所有者を調べることはできなくなってしまったのです。

興信所アーガス東京は、普通車だけでなく、軽自動車、大型自動車、特殊自動車など、さまざまな種類の車両から、原動機付き自転車である原付バイクから各排気量のバイクに至るまで、日本国内のどの地域においても、車両ナンバーをもとに所有者を特定することが可能です。

この能力は、広範囲にわたる車両種別と地域を対象にした包括的な調査を可能にし、さまざまな要求に対応できる柔軟性を持っています。

調査に必要な情報

  • 正確な車両ナンバー
  • 車種
  • 色 など

自動車のナンバー調査を御依頼される際には、ナンバープレートに記載されている情報を正確にご提供下さい。平仮名1字無くても特定は困難となります。※こちらは必須となります。

(ナンバープレート例)

ナンバープレート

車両の所有者と使用者が異なるケースが増えていることに加えて、車種や車体のカラー、さらにはナンバープレートの色などの情報を提供いただければ、調査の精度が向上し、判明が早くなる場合があります。これらの追加情報は、特定の車両をより正確に特定するのに役立ちます。

例えば、同じナンバープレート番号を持つ車両が複数存在する場合、車種やカラーの情報を考慮することで、目標となる車両を迅速に特定できる可能性が高まります。そのため、可能な限り多くの詳細な情報を提供していただくことが、効果的な調査のために重要です。

二輪車のナンバーからでも所有者氏名・住所を特定

二輪車のナンバーから持ち主を特定する方法についてお困りの方へ、このページでは、その具体的な方法や注意点を詳しくご紹介します。ナンバープレートの情報を適切に活用することで、トラブル解決や安全確保に役立つことがあります。

日本国内では、二輪車の排気量に応じて登録や管轄が異なります。

  1. 原動機付自転車(50cc以下)
    • 排気量:50cc以下
    • 管轄:市区町村の役所
    • 特徴:一種と二種に分類され、一種は50cc以下、二種は51ccから125cc未満(小型限定普通自動二輪車)
  2. 小型二輪車(51ccから125cc未満)
    • 排気量:51ccから125cc未満
    • 管轄:市区町村の役所
    • 特徴:原付二種と呼ばれ、道路交通法では普通自動二輪車の扱いとなります。
  3. 軽二輪車(125ccから250cc以下)
    • 排気量:125ccから250cc以下
    • 管轄:運輸支局
    • 特徴:ナンバープレートは白地に緑の文字。車検は不要ですが、定期的な点検が必要です。
  4. 小型二輪車(250cc超)
    • 排気量:250cc超
    • 管轄:運輸支局
    • 特徴:ナンバープレートは白地に緑の文字。車検が必要であり、2年ごとの定期検査が求められます。

このように、二輪車の排気量によって管轄機関や登録手続きが異なります。登録や点検の手続きは、それぞれの排気量区分に応じた規則に従って行う必要があります。

調査料金

車両ナンバー調査に関わる調査料金は、車両やバイクの排気量によって異なります。これは、調査の難易度や情報の入手方法の違いによるものであり、より大きな排気量の車両やバイクほど、調査にかかるコストが高くなる傾向があります。また、時期によって料金が変動する場合もあります。これは、市場の需要や供給、調査にかかる人件費などの要因によるもので、季節や経済状況によって料金が調整されることがあります。

したがって、車両ナンバー調査をご依頼いただく際には、調査料金について必ず事前にお問い合わせいただく必要があります。お電話やメールにて、調査料金の確認をお願いいたします。これにより、お客様にとって予想外の費用が発生することを防ぎ、調査の円滑な進行を図ることができます。

当社では、お客様のニーズに合わせた柔軟な料金体系を採用しており、正確で信頼性の高い車両ナンバー調査を提供しています。安心してご依頼いただけるよう、誠意を持って対応させていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。

※調査依頼された提示金額が結果御報告の際に変動することは絶対にございません。

ナンバー調査結果と引き替えの「成功報酬制」としておりますのでさらにご安心頂ける料金体系です。

車両ナンバー調査については上述のように浮気調査ばかりでなく、詐欺事件の訴訟準備調査、資産調査、社員の不正調査、家出調査などにも数多く利用されております。正確性の実績を誇る当興信所にご相談下さい。

近年、車両の所有権と使用権が異なるケースが増えています。複数の人々が車を共有し、所有者と実際の利用者が異なる場合があります。このようなケースでは、ナンバープレートに記載されている所有者と実際の運転者が一致しないことがありますので、ご留意ください。

所有者の情報は登録上の情報であり、実際の運転者が異なる場合もあります。そのため、ナンバープレートから所有者を特定したとしても、実際の運転者が異なる可能性があることを考慮する必要があります。

車

車両のナンバーに表記されている地名は、その車の所有者が登録されている自動車検査登録事務所の管轄地域を示しています。このようなナンバープレートは一般的に「ご当地ナンバー」と呼ばれ、その地域の特定の自治体や地域を象徴することがあります。

一方、「ご当地ナンバー」とは異なり、自動車検査登録事務所がなく新設された地名の車両ナンバーは、新たな地名や地域の登録を反映しています。これにより、地域の成長や変化が車両ナンバーにも反映されることとなります。

このページは車両ナンバープレート調査に特化したウェブサイトです。