女性の浮気 信頼の興信所アーガスリサーチ 東京都公安委員会 探偵業届出済(第30070158号)

探偵・興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > 女性の浮気

女性の浮気

浮気調査はおまかせください。興信所のアーガスリサーチ

 

女性の浮気

浮気されるのは男性より女性というイメージが以前はあったかと思います。実際、10年以上前までは配偶者などの浮気調査を依頼される方は女性いわゆる妻側の方が多かったものです。

しかし近年、夫から妻、舅、姑から嫁を調査して欲しいという女性の浮気の依頼が増えてきており、また浮気調査の対象者が夫の場合でも、その浮気相手が既婚女性というケースも決して少なくありません。
女性がいつも浮気される側というわけではないのです。

以前、何かの雑誌に女性の浮気についての特集がありました。女性は男性の浮気についてはその事実について悪い事と断定する傾向にあり、女性の浮気については浮気に走ってしまった原因が配偶者である男性側にあると思い込むという事でした。

最近でも元アイドルグループの既婚女性が浮気スキャンダルで離婚しましたが、氷山の一角で女性の浮気は増加傾向にあります。
総体的に男性に比べて女性の方が浮気のリスクが大きく、また本気の恋愛となってしまうケースが多い傾向がありますが、離婚後に浮気相手と結ばれるのは珍しい模様です。

女性の浮気の悲しい現実

多くの女性が結婚後の夫婦生活において「満たされない気持ちや欲求」を抱えたまま日常を過ごしています。
その証拠に「既婚女性が浮気相手や不倫相手の調査を興信所に相談や依頼」する事実が存在しているのです。

何故、浮気相手の調査を実施するのか?疑問を持った方がいらっしゃることでしょう。

その理由はシンプルであり「多くの浮気や不倫関係にある人物は浮気相手や不倫相手を信用しきれない気持ちにある」のです。
当然ですが「お互いが浮気で付き合う関係」なので相手を信用しきれないことは納得と言えるところでしょう。

しかし、浮気相手に恋愛感情があるため「自分以外の浮気を許さない」感情が芽生えるのです。
お互いのパートナーを裏切り浮気関係にある人物たちの「一風変わった悲しい現実」とも言い換えることが出来るのです。

浮気をする人物は「男女双方に責任がある」とおっしゃる方がいますが実際には少し違うと言えます。
浮気が発覚した際のリスクに関して言えば「男女平等」が一般的といわれる現代においても「女性が背負うリスクが遥かに大きい」現実にあるのです。

浮気により背負うリスクが大きいにも関わらず責任がフィフティーというのは弱い者イジメな感が否めないのです。

浮気が発覚した後に離婚するしないの選択が訪れることは言うまでもなく「どちらの選択をとっても女性の立場は弱い現状にある」のです。

浮気を反省して夫婦関係の修復を試みても家庭内での立場は今まで以上に弱く子供たちに浮気の事実を知られたならば「軽蔑される母親の烙印」がまっているのです。
夫婦関係の修復をあきらめ離婚を選択しても「主婦であった女性が自立するには厳しい社会の現実」がまっているのです。