浮気 発覚 原因 信頼の興信所アーガスリサーチ 東京都公安委員会 探偵業届出済(第30070158号)

興信所アーガスリサーチ

お見積もり相談無料・24時間対応
TEL:0120-132-417
menu

HOME > コラム一覧 > 浮気・不倫について > 浮気が発覚する最も多い理由

浮気が発覚する最も多い原因

浮気調査はおまかせください。興信所のアーガスリサーチ

これ以上言い訳はいらない

浮気がばれる最も多い原因と理由

既婚者の浮気が発覚することが増加傾向にあります。

その理由に深く関わっている重要ポイントが、パートナーの携帯電話やスマホの利用方法に疑念を持つ状況と言えるのです。

携帯電話やスマホで通話をする際の態度に始まり、「SNSに登録して以来、ロックが掛かっている」などが浮気を疑われる一般的な通り道となっています。

職場で仕事の必要性から始めたSNSが「職場恋愛のアイテム」に発展し、恋愛相手との実用的な連絡手段にたどり着く。

独身同士の職場恋愛ならば健全なかたちと言えるが、世の中の恋愛事情は一筋縄ではいかない現実にあり、 既婚者と独身者が恋愛感情を抱いてしまう「不倫関係」などに発展してしまう。

会社内ではSNSを頻繁に利用しない不倫関係だが、ひとたび会社から出ると頻繁に利用されることが常識となっているのです。

浮気が色濃く疑われる「異性とのツーショット画像」が保存されていたり、浮気の証拠となる可能性があるメッセージの痕跡が多く存在し、 ひょんな事からパートナーの目に触れることとなり浮気が発覚、ばれることとなるのです。

通常、浮気の事実が存在しない人物の携帯やスマホの利用方法は堂々としたもので、影でコソコソする要素は全く無いと言えます。

家族にも平然と携帯やスマホを手渡し、隠し事など存在しない態度で日常を過ごしていると言えることでしょう。

やましい事が存在していれば挙動不審な態度が露呈し、周囲の人物達に簡単に疑念を持たれ様子がおかしいと判断されてしまう。

探偵や興信所に浮気の相談をされる相談者や御依頼者はこのような経緯から不安を抱き「浮気調査を実施」することとなるのです。

携帯電話やスマホを多くの方が持つようになる以前であれば、ここまで浮気が安易に発覚することは無かったのではないでしょうか。

便利な生活のアイテムに依存し多くの事を処理しようと考えると「ある種の弊害」も浮き彫りになり、 こと浮気に関しては、携帯やスマホの利用は極めて危険な状況に自ら立ち入っているとも言えることでしょう。

携帯やスマホをロックしているから大丈夫!

パートナーは機械音痴だから気づくはずが無い!

等の勝手な思いこみにより「やりたい放題な浮気の痕跡」を残した結果、浮気がばれる、というのは、現代の浮気発覚原因の典型的ケースなのです。

ご主人の浮気が現実となって発覚

浮気相手が長年離婚しない状況に嫌気がさし、奥さんに浮気や不倫を暴露するという否定しようがない形で不倫が表面化する。

長年の不倫関係は事実であり、こちらの家庭が崩壊することが浮気相手の目的と考えられるため「素直に離婚する気になれない」が正直な感情である。

このようなケースは珍しくありません。浮気相手に嘘をつき「将来的に離婚する」と伝えて不倫関係を継続する男性は世間に多数存在します。

実際には将来的な約束が出来るほどの甲斐性を持ち合わせていない人物が多く不倫相手の女性から「騙していたのね!」とトラブルに発展するケースが殆どと言えるでしょう。

仮に嘘はついていないと主張しても現実の状況に変化が無く、男性の行動が伴わない口だけの状況下では浮気相手の女性の主張が正論と判断され、 トラブルに発展したならばご主人が一番大きなリスクを背負う立場となってしまうでしょう。

ご主人の真意は今更聞きだす必要もなく「離婚するつもりは無い」の一点張りで、浮気相手の女性に対して反省する気持ちのかけらも持ち合わせていない。

自身の夫であるが情けない人物としか評価しようがない。

このようなケースではご主人が浮気相手から騙されて交際していた事から責任の追及を受ける立場であり、奥様は浮気相手に慰謝料請求できる立場にあると言えます。

最悪、ご主人は家庭と浮気相手を同時に失うこととなります。

浮気相手の捨て身の暴露は探偵いらずな行動であり、世の不倫関係にある男性にとって恐怖としか言いようのない行動と言えるのです。

不倫相手に嘘で対応する大きなリスク

上記のケースで何が不倫相手の女性の反感をかったのか?考えてみると「ご主人の嘘」と「誠意の無い対応」と言えるでしょう。

当然ですが、浮気相手である女性が不倫関係を継続してきた理由が「将来的にご主人が離婚し、ご主人と結婚する」ことである以上、不倫が双方の責任とは言い切れない状況です。

多くの不倫関係にある男女が関係を継続するために嘘で対応することがあります。そのような嘘は特別に珍しいことではありません。

しかし、男女の恋愛においての些細な嘘も、長年に渡りたびたび繰り返されたならば出来心の範囲には収まらないと言えます。

偽りの言葉を信じて待ち続ける女性にも出産の適齢期等はあることですし、常識的な考えのもとに「女性の婚期を引き延ばす偽り」は責任重大です。

時として嘘が洒落では済まないということもありますし、大人がつく嘘には責任がついてまわるという認識が必要でしょう。